『G線上のあなたと私』中川大志の“シャッタードン” 視聴者もん絶「破壊力ハンパない」

『G線上のあなたと私』中川大志の“シャッタードン” 視聴者もん絶「破壊力ハンパない」

ドラマ『G線上のあなたと私』に出演中の中川大志 クランクイン!

女優の波瑠が主演を務めるドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系/毎週火曜22時)の第3話が29日に放送され、中川大志演じる加瀬理人の“シャッタードン”に、「胸キュンしたー!」「ヤバイ」「破壊力ハンパない」などもん絶させている。

 いくえみ綾による同名漫画をドラマ化する本作は、悩める大人が通うバイオリン教室を舞台に繰り広げられる恋と友情の物語。寿退社間近に婚約者から婚約破棄を告げられたアラサー女子の也映子。仕事も恋人も失い、放心状態でフラフラと立ち寄ったショッピングモールで「G線上のアリア」の生演奏を耳にした也映子は、この出会いをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。

 幸恵(松下由樹)の義母が入院し、也映子(波瑠)と理人(中川)の2人で出場することになってしまった発表会だったが、無事に成功に終わる。しかし、その舞台袖で眞於(桜井ユキ)に「好きです」と告白した理人は「時間を無駄にすることになります、加瀬さん」という冷たい言葉であっさり振られてしまうのだった…。

 発表会の“打ち上げ”として2人きりで飲むことになった也映子と理人は居酒屋へ。眞於に振られて「すっきりした」と話す理人に也映子は号泣し、2人の仲はぐっと縮まる。店を出て「2軒目行こう!」と盛り上がるが、理人はバイオリンを忘れたことに気づき、取りに戻ることに。

 その後、也映子のもとに戻ってきたほろ酔いの様子の理人は、キョロキョロと辺りを見まわし、也映子を見つけると、安心した様子でにっこり。そのまま商店街のシャッターを背にした也映子に覆いかぶさるようにして接近し「焦った。ナンパされていなくなったかと思った。今日かわいいから」と告げる。

 このシーンにSNS上では、「胸キュンしたー!」「これはヤバい」「理人くんのシャッターどん!!!破壊力ハンパない」「今日が私の命日です。死因:中川大志」など、興奮した様子の書き込みが相次いでいるほか、「これは好きになっちゃうよね...仕方ない」など、波瑠の心情を予測する声も寄せられている。

関連記事(外部サイト)