羽鳥慎一&玉川徹、ペアルックで『ドクターX』出演 米倉涼子の直接オファーが実現

羽鳥慎一&玉川徹、ペアルックで『ドクターX』出演 米倉涼子の直接オファーが実現

テレビ朝日開局60周年記念『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(左から)主演の米倉涼子、第3話に出演する玉川徹、羽鳥慎一、神原晶役の岸部一徳(C)テレビ朝日

米倉涼子主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第3話(10月31日放送)に、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系/毎週月曜〜金曜8時)のメインキャスター・羽鳥慎一と、レギュラーコメンテーターの玉川徹が出演することが発表された。2人は、米倉演じる大門未知子と岸部一徳演じる神原晶が訪れたもんじゃ焼き店で隣に座った“客・H”(羽鳥)と“客・T”(玉川)として登場する。

 2年ぶりのシリーズ復活となる本作は、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医・大門未知子(米倉)が、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、手術や治療を成し遂げるため一切の妥協を許さず突き進む姿を描く医療ドラマ。

 10月17日の初回放送を前に『モーニングショー』に生出演した米倉が「(『ドクターX』に)出てくださいよ!」と直接オファーし出演が決まった羽鳥と玉川。「(羽鳥が出てくれたら)視聴率も上がるんじゃないですか?」と語る米倉に、具体的な出演シーンなども提案されると、羽鳥だけでなく、コメンテーターの玉川も「出ようか!」と前向きな様子を見せていた。

 そんな『モーニングショー』でのやりとりが、ついに第3話で実現。撮影では、羽鳥は役者顔負けの自然な芝居を見せ、「羽鳥さん素晴らしい!」と現場スタッフたちを驚かせる。しかし、実はものすごく緊張していたという羽鳥は「ズボンのポケットにこっそりカンペを用意していました…」と恥ずかしそうに打ち明けた。一方、いつも歯に衣着せぬ発言が話題を呼んでいる玉川も、この日ばかりは慣れないドラマ撮影の現場でとても緊張していた様子だった。

 ちなみに、劇中ではなぜか羽鳥と玉川がおそろいのセーターを着て登場。2人は「このセーターってもらえるんですか?」「ドラマ放送当日の朝にこれを着て『モーニングショー』に出ようかな!?」などと、嬉しそうにはしゃいでいた。さらに、撮影中は並んでディレクターズチェアに座り“役者気分”を味わうなど、『ドクターX』の撮影現場を存分に堪能したようだ。

 ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話は、テレビ朝日系にて10月31日21時放送。

関連記事(外部サイト)