杉咲花、来秋朝ドラヒロインに決定「喜びと驚き」 浪花千栄子さんの人生描く

杉咲花、来秋朝ドラヒロインに決定「喜びと驚き」 浪花千栄子さんの人生描く

連続テレビ小説『おちょやん』制作・ヒロイン発表会見に登場した杉咲花 クランクイン!

女優の杉咲花が、2020年度後期に放送されるNHK連続テレビ小説のヒロインに起用されたことが30日発表された。タイトルは『おちょやん』で、“大阪のお母さん”として親しまれてきた女優・浪花千栄子さんの人生を描く。脚本は『半沢直樹』『家政夫のミタゾノ』などを手がけた八津弘幸が担当する。

 今回のヒロイン抜擢はオーディションではなくオファー。これまでに3回ほど朝ドラヒロインのオーディションを受けたことがある杉咲にとって、念願の大役となった。

 杉咲はヒロインに決まり「喜びと驚きが大きかった。『やった!』って思った」と喜びを噛み締め、「光栄に思っている。明るくてパワーがもらえる作品になるよう、素敵なひと時になるように一生懸命頑張る」と意気込んだ。

 杉咲の朝ドラ出演は2016年前期放送の『とと姉ちゃん』以来、2度目。「『とと姉ちゃん』でこれだけ長い期間スタッフと共演者の皆さんとご一緒できるのは本当にないと思った。当時のヒロイン、高畑充希さんと比べものにはならないけど、セリフ量も多くて苦戦することも多かった。朝ドラは大変な作品だと感じた」と回想。さらに「それ以上に楽しさも感じた。ご一緒いただける皆さんと楽しい時間を過ごしながら最後まで頑張りたい」と語った。

 ドラマのモデルとなる浪花千栄子さんは、戦前「松竹新喜劇」の前身である「松竹家庭劇」に参加。渋谷天外(2代目)と結婚し、喜劇女優としての道を歩み、“大阪のお母さん”として映画、テレビに大活躍した実在した人物。劇中では竹井千代(たけい・ちよ)と名前を変え、物語を紡いでいく。舞台が関西となるため大阪弁取得が必須となるが、杉咲は「今から勉強して頑張ってマスターしなければならない」とこぶしを握った。

 制作統括の櫻井壮一は、杉咲の起用について「演技力が求められる作品で、杉咲さんはこの年代では突出している。チャーミングさと力強さを兼ね備えた稀有な方」と理由を告白。脚本を担当する八津は「歴史ある朝ドラのプレッシャーでビクビクしながら描いている。恐怖です」と苦笑いしつつ、「進化した朝ドラになれば」と気合を入れた。

 NHK連続テレビ小説『おちょやん』は、NHK総合ほかにて2020年秋スタート。

関連記事(外部サイト)