『ターミネーター』、最強の新ヒロインvs史上最凶ターミネーターのド迫力映像解禁

『ターミネーター』、最強の新ヒロインvs史上最凶ターミネーターのド迫力映像解禁

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』最凶ターミネーター「REV‐9」(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

映画『ターミネーター』シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』より、最凶の新型ターミネーター・REV‐9(ガブリエル・ルナ)と、人類を救うために未来から送り込まれたスーパーソルジャー・グレース(マッケンジー・デイヴィス)を徹底解剖したキャラクター映像が解禁となった。

 本作では、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』以降、シリーズへの直接的な関与がなかったジェームズ・キャメロンが製作に復帰。監督はティム・ミラーが務める。

 公開されたキャラクター映像には、人類の新たな脅威REV‐9、そして戦うニューヒロインのグレースによる壮絶な戦闘シーンを含む、超絶アクションが映し出される。

 本作のヴィランは、シリーズ最凶の最新型ターミネーターREV‐9。吸い込まれるような優しい笑顔を見せたと思った直後、衝撃的なその戦闘能力で見る者を恐怖のどん底へと誘う、まさに“全身凶器”だ。『ターミネーター2』でT‐1000が見せた液体金属の特性を生かしながら、今回はその能力がさらに進化。EX<外骨格>とEN<内骨格>の2体に分離可能になり、2体同時攻撃を繰り広げるという悪魔的な戦闘能力を披露する。その強さは、シリーズの生みの親キャメロンですら「目を見張る程のパワーと能力だ」と舌を巻くほど。ミラー監督は「彼は新作のターミネーターの顔だ。恐ろしく迅速で危険だが、同時に人好きのするキャラクターでもあるんだよ」と、ただ強いだけでない点も指摘する。

 そして、新旧ヒロインのタッグにも注目の本作。未来から送り込まれてきたグレースは普通の女性かと思いきや、人間の力をはるかに超越した圧倒的な戦闘力を持つ、未来のスーパーソルジャー。異次元の身のこなしや強じんな腕力、さらにショットガンを打ちまくるその姿は、レジェンドキャラクターのサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)に勝るとも劣らない魅力を放つ。ミラー監督が「(グレースは)ターミネーターと互角に渡り合うんだ」と語る通り、REV‐9を相手に一歩も引くことはない。映像には未来で人類抵抗軍として戦うシーンが映し出されるが、なぜ彼女が強化型人間として改造を施した身体で現代へ送り込まれてきたのかは、謎に包まれたままだ。

 本映像の注目は、大迫力なアクションと壮絶なバトルシーン。グレースとREV‐9の攻防はかつてないほど激しい。グレース役のマッケンジーが「グレースは究極の“保護者”よ」と語る通り、REV‐9に命を狙われるダニーを守るため、自らを危険にさらしながらも死闘を繰り広げるグレースの姿は圧巻だ。

 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』は11月8日より全国公開。

関連記事(外部サイト)