今夜の『モトカレマニア』新木優子、高良健吾との“思い出”を生きると決心するも…

今夜の『モトカレマニア』新木優子、高良健吾との“思い出”を生きると決心するも…

木曜劇場『モトカレマニア』第3話場面写真(C)フジテレビ

女優の新木優子と俳優の高良健吾がダブル主演を務めるドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系/毎週木曜22時)第3話が本日31日に放送される。第3話では、新木ふんするユリカがマコチ(高良健吾)と恋愛よりも尊い関係を築く決心をするも、その後、マコチから仕事のサポートを受けることになる。

 本作は、「Kiss」(講談社)にて連載中の同名コミックが原作。元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤を描く。

 マコチから、山下との恋も仕事も全力で応援すると言われてしまったユリカだったが、再び“モトカレマニア”としてマコチとの思い出の中で生きる決意を固め、そのショックから復活する。そんな折、ユリカが配ったチラシを見て物件を買いたいという1組の夫婦から連絡が入る。仮採用期間終了まで残り3日、この契約が成立すれば正社員になれると張り切るユリカ。社長の安藤一朗(小手伸也)は、マコチにユリカのサポートを指示する。

 その話を聞いた親友の周防ひろ美(ガンバレルーヤよしこ)は、ユリカのことを心配する。しかしユリカは、かつてマコチと焼き肉店でアルバイトをしていたときのように先輩・後輩の関係に立ち戻ると宣言。一緒に仕事をして信頼を育むのは、恋愛よりもずっと尊い関係だと言うのだ。

 ユリカとマコチは、購入を申し込んできた花澤健司(金井勇太)・美希(田中こなつ)夫妻を内覧に連れていく。物件を気に入った健司たちは、すぐに申し込みをしたいというが、彼らは他にも申し込んでいる物件があるらしい。そこでマコチは、可能性があるのなら物件を磨いて良さを伝えようとユリカに提案するが…。

 一方、同僚の加賀千鶴(趣里)と共に、食べ歩きマニアが集う「食べログ会」に行った山下章生(浜野謙太)は、その帰り道で千鶴から「好きになった」といきなり告白される…。

 木曜劇場『モトカレマニア』第3話は、フジテレビ系にて10月31日22時放送。

関連記事(外部サイト)