広瀬すず、山崎賢人の“漫画原作に挑む覚悟”に興味津々!

広瀬すず、山崎賢人の“漫画原作に挑む覚悟”に興味津々!

『四月は君の嘘』広瀬すず&山崎賢人インタビュー クランクイン!

 ベストセラーコミックを映画化した『四月は君の嘘』で、広瀬すずと山崎賢人という今最も勢いのある若手俳優の初共演が実現した。人気コミックの実写化で、楽器の習得が必須となる役柄を演じるなど、大きなチャレンジともなった本作。相手役が「賢人くんでよかった」「すずでよかった」と微笑む彼らに、高め合った現場について振り返ってもらった。

 本作は、元天才ピアニスト・公生(山崎)が、自由奔放なヴァイオリニスト・かをり(広瀬)との出会いを通して、再び自分自身に向き合っていく姿を描く青春ラブストーリー。演奏シーンが、彼らの情熱的な心を映し出す大切な場面となるため、広瀬と山崎はクランクインの半年前から楽器の練習を始めたという。

 山崎は「楽しくもあり、キツくもあり」とピアノの猛練習を振り返って苦笑い。「周りから“今すずちゃん、すごい頑張っているよ”という言葉を聞くこともあって。“今日は5時間も練習しているよ”なんて聞くと、僕も“もうちょっとやります?”と言ってみたり(笑)」と広瀬の様子を励みに、練習したとか。

 広瀬とは初共演だが、「かわいらしくて柔らかいイメージがあったんですが、共演してみてすごく強い部分を感じた」と広瀬の持つ“強さ”に驚いたそう。「すごくストイック。すずが頑張っている姿を見て、僕も頑張ろうと思ったし、公生はかをりに引っ張られていくような役柄だったので、かをりの底抜けな明るさや引っ張って行ってくれる雰囲気は、すずが持っているものそのもののようだった。かをり役がすずで、本当によかった」。

 一方の広瀬は、ヴァイオリンと必死に向き合った。「私も“賢人くんがすごい頑張っていたよ”となれば、“休みなんていりません!”と言ったりして(笑)」とやはり、山崎の存在が刺激となった。共演するまでの印象は「忙しそうで、私の中で“眠れてなさそうな人、第1位”でした」というが、「会ってみると、いつも元気なんですよ!現場でも一番のムードメーカーでした。賢人くんからは公正と似たものを感じられて、安心するような存在感があって。すごく助けてもらいました」と感謝しきり。

 大きな壁が立ちはだかる現場を、高め合える存在がいたからこそ乗り切れたようだが、山崎が「ストイック」というように、広瀬のど根性ぶりはかなりのもの。「やると決めたら、途中でやめるのは許せないタイプ」と負けず嫌いな性格もエンジンとなるそう。今回だけでなく、『ちはやふる』ではかるた、『チアダン』ではチアと猛特訓が必要となる役柄を演じており、「なぜか毎回、結構な壁があるんですよね(笑)。それぞれ、本当に大変です。でもその分、人一倍、達成感を感じられる」とハードルの高さも力に変えている。

 漫画原作の実写化に挑む機会も多い2人。山崎は、待機作にも漫画原作ものが続いており、これには広瀬も「大事にしていることって何?」と興味津々。山崎は「無意識のうちに、原作のファンになっていますね」とファンになるまで原作を読み込むようにしているという。「好きになれば、作品をつくっていく過程もすべてが楽しくなる。名シーンやセリフから、“この人はどういう人”なんだとわかることも多いですから。そこから、現場で感じたものを込めて演じています」。本作では、「演奏シーンは実際にやってみないとわからなくて。すずと本当にセッションをしている感じで、すごく興奮しました」と、とりわけ演奏シーンではリアルだからこその空気を吸い込むことができたという。

 「きちんとメッセージを伝えられるような存在になりたい」(山崎)、「作品や役柄に染まっている瞬間が、最高に楽しい」(広瀬)と、俳優業への意欲は尽きない。「また共演したい!家族や兄妹の役なんていいね」とキラキラとした光を放つ2人は、まさに青春真っ盛り。彼らの体現したラブストーリーを是非、堪能してほしい。(取材・文・写真:成田おり枝)

 『四月は君の嘘』は9月10日より公開。

関連記事(外部サイト)