綾野剛「意識の問題かな」とチクリ 主演・鶴瓶が撃沈!

綾野剛「意識の問題かな」とチクリ 主演・鶴瓶が撃沈!

映画『閉鎖病棟‐それぞれの朝‐』初日舞台挨拶に登場した(左から)綾野剛、笑福亭鶴瓶 クランクイン!

落語家の笑福亭鶴瓶が1日、都内で行われた主演映画『閉鎖病棟‐それぞれの朝‐』初日舞台挨拶に出席。役のために体重を落としたという鶴瓶だが、現在1.4kg戻ったことに、綾野剛は「あー増えたんですね。意識の問題かな」とチクリと発言し、会場を笑わせていた。

 本作は、帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)の山本周五郎受賞作を、映画『愛を乞うひと』や『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督で映画化。精神科病棟を舞台に“死にぞこない”たちが懸命に明るく生きる姿と、凄惨な殺人事件が発生したことによって湧き出るさまざまな感情が交差する人間物語。舞台挨拶には、小松菜奈、坂東龍汰、渋川清彦、小林聡美、平山秀幸監督も出席した。

 映画『ディア・ドクター』以来、10年ぶりの主演映画となった鶴瓶は、難役のため減量をして臨んだが、司会者から「体重はどうなったんですか?」と聞かれると「いやあ」とウエストを見せ「舞台挨拶までは痩せたままでいようと思っていたのですが、ちょっと戻ってしまったんです。82kgから76kgまで落としたのですが、いま77.4kgなんです」と苦笑い。

 そんな鶴瓶に、綾野は「1.4kgですか…」と意味深なトーク。続けて「悪いことじゃないですが、意識の問題かな……増えたんですね」とチクリと刺すと、会場は大爆笑に包まれる。すると鶴瓶は「なんで主役がいじられないとあかんねん」と嘆くと「痩せろと言われて痩せたのに、言った監督がなんで太ってんねん」と、怒りの矛先は平山監督に。

 終始、笑いに包まれた舞台挨拶だったが、鶴瓶は「嫁にも友達にも『いままで観たことない鶴瓶だった』と言われました。この作品は平山監督が脚本を書いたので、監督の思っている秀丸になろうと、しっかり言うことを聞いていただけ」と真摯に役に向き合ったことを明かすと、小松も「私は1人のシーンが多くて、孤独な時間も多かったのですが、自分が演じ切ろうという思いと、怖いという思いが入り混じっていました。でも現場のスタッフやキャストの方に支えられてなんとかやれました。とても愛のある現場でした」と周囲に感謝していた。

関連記事(外部サイト)