Z・エフロン主演『HSM』が10周年!ディズニー・チャンネルが贈るテレビ映画の魅力

Z・エフロン主演『HSM』が10周年!ディズニー・チャンネルが贈るテレビ映画の魅力

ザック・エフロン、ヴァネッサ・ハジェンズを輩出した『ハイスクール・ミュージカル』が10周年(C)Disney

 ザック・エフロン、ヴァネッサ・ハジェンズ、アシュリー・ティスデールといった多くの若手スターを輩出した『ハイスクール・ミュージカル』(以下『HSM』)が10周年を迎える。『HSM』といえば、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー(以下、DCOM)の名作中の名作で、日本でもティーンを中心に絶大な人気を獲得した。そこで、今回は『HSM』10周年を記念して、DCOMの魅力について改めて迫っていきたい。

 DCOMとは、ディズニー・チャンネルが作るテレビ映画の総称で、その歴史は古く、第1作『Under Wraps(原題)』がアメリカで初めて放送されたのは19年前の1997年10月。日本で初めて放送されたのは、3作目の『ブリンク!スケート対決』からで、最新作『ベビーシッター・アドベンチャー』まで100作品も放送されてきた。

 そして、DCOMを語る上で欠かせないのが、前述の『HSM』の存在。剛力彩芽やぺこなどファンを公言している有名人も多く、世界的に大ブームを巻き起こし社会現象とまでなった。物語はバスケ部の人気者トロイと、優等生のガブリエラという正反対の高校生2人が、パーティーで歌うことの楽しさを知り、学校のミュージカル・オーディションを一緒に受けるところから始まる。恋に友情に、勉強にスポーツにと、ティーンに必要なものが全部つまった王道の青春映画であることはもちろん、ミュージカル部分は“ディズニーらしさ”を感じることができるアップテンポでリズミカルなものが多く、思わず口ずさんでしまう。

 2006年に初放送された同作は、第58回プライムタイム・エミー賞で6部門にノミネートされ、2部門で受賞。サウンドトラックはビルボードのアルバムチャートのみならず、年間セールスでも1位を記録した。そして、2007年の『ハイスクール・ミュージカル2』、2009年の『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』と続編も大ヒットを記録し、今なお根強いファンから支持され続けている。

 『HSM』と同時期に放送され、こちらも大ヒットを記録したのが、音楽キャンプを舞台に、人との出会いを通じて成長していく少女の姿をつづった『キャンプ・ロック』。ロック楽曲満載で、自然と体が動いてしまうノリのいい歌とダンスが目白押しだ。さらに、人気ロックグループ「コネクト・スリー」のメンバー、シェーン・グレイ役のジョー・ジョナスが清々しい程のイケメンでとにかくカッコイイ!ワイルドイケメン好きの女性はジョーの演技だけでも一見の価値がありそうだ。

 最後に紹介しておきたいのが、2015年に初放送された『ディセンダント』。親と同じ「悪者」の道を歩むしかないのか…と葛藤するディズニーヴィランズの子どもたちの様子を映画『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』のケニー・オルテガが描く。マレフィセント、フック船長など誰もが知るキャラクターの子どもに焦点を当てたその秀逸なストーリーは好評を博し、ディズニーヴィランズが若い世代の間でも人気キャラクターになった。その人気は止まるところを知らず、現在、東京ディズニーシーで開催されているハロウィン企画でもディズニーヴィランズが登場し、大人から子どもまで盛り上がれるイベントとして大盛況だ。

 共感度抜群の物語、自然と体が動いてしまうミュージカル、目の保養になる美男美女の共演と、DCOMには魅力が三拍子も四拍子も揃っている。今回は紹介しきれなかったが『ティーン・ビーチ・ムービー』や『シャーペイのファビュラス・アドベンチャー』なども“青春真最中”のティーンだけでなく、青春が終わってしまった大人も楽しめる作品だ。『HSM』の代表曲「Can I Have This Dance」になぞらえて“Take my hand〜♪”と誰かを誘って是非、見て欲しい。

 『ハイスクール・ミュージカル』はディズニー・チャンネルにて9月16日(金)19時30分から放送決定。10周年を記念して、ザックやヴァネッサらメインキャストが当時の思い出を語る貴重映像も日本初放送される。また、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー100作目となる『ベビーシッター・アドベンチャー』が9月17日(土)19時30分からディズニー・チャンネルにて日本初放送される。

関連記事(外部サイト)