小栗旬主演『ミュージアム』予告解禁! ワンオク楽曲が絶望のラストへと誘う…

小栗旬主演『ミュージアム』予告解禁! ワンオク楽曲が絶望のラストへと誘う…

映画『ミュージアム』ポスター(c)巴亮介/講談社 (c) 2016映画「ミュージアム」製作委員会

 ノンストップ・スリラーエンターテインメント映画『ミュージアム』の予告映像とポスターが解禁となった。予告では主演・小栗旬の体当たりの演技やカーアクションシーンが盛り込まれ、車にはねられ、突き飛ばされながらも殺人アーティスト・カエル男を追う沢村(小栗)の鬼気迫る演技を堪能できる。また、ONE OK ROCKが担当した主題歌「Taking Off」によって、疾走感を演出。追い詰められていく刑事を絶望のラストへと誘う。

 原作は漫画大国日本を震撼させた巴亮介氏の同名コミック。2013年「ヤングマガジン」(講談社)で連載されるや否や、その過激な描写と、読めば読むほどハマってしまう緻密に練られたストーリー構成、裁判員制度の問題という奥深いテーマも盛り込み、大きな話題を呼んだ。
 
 舞台は雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯人はカエルのマスクを被った殺人アーティスト・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは…。カエル男の目的とは?

 ポスターには、銃を突き出すカエル男と満身創痍の刑事・沢村の姿と「あなたは最悪のラストを期待する」の文字が浮かぶ。追い詰めるはずの沢村が逆に罠にはまっていき、ついには見ている私たちが最悪のラストを期待してしまう。『るろうに剣心』シリーズで累計興行収入125億円を叩き出し、日本映画に新風を巻き起こした大友啓史監督が観客を恐怖のどん底へと突き落とす。

 映画『ミュージアム』は11月12日より全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)