スピルバーグ×ファンタジー映画は最強!? 映画『BFG』で描きたかったものとは

スピルバーグ×ファンタジー映画は最強!? 映画『BFG』で描きたかったものとは

スティーブン・スピルバーグが34年ぶりにファンタジー作品を手掛ける(C)2016Storyteller Distribution Co.,LLC.All Rights Reserved.

 また新たな最強タッグが誕生した。『E.T.』以来34年ぶりのファンタジー作品を手掛ける巨匠スティーヴン・スピルバーグと、ディズニーが初めてタッグを組んだ映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』。世界中に夢いっぱいの魔法をふりかけ続けてきた両者のコラボに、ワクワクが止まらない!という人も多いのではないだろうか?今回は、映画公開直前ということで、スピルバーグが『BFG』に込めた思いを改めて探ってみた。

 本作は、ロンドンの児童養護施設に暮らす好奇心旺盛な10歳の少女ソフィーと、「巨人の国」に住む“やさしい巨人”BFGとの奇妙な友情や絆を描く感動のファンタジー・アドベンチャー。原作は、ジョニー・デップ主演で映画化された『チャーリーとチョコレート工場』でも知られるイギリス文学の巨匠ロアルド・ダールの「オ・ヤサシ巨人BFG」。何を隠そう、スピルバーグ自身が長年ダールの大ファンだったそう。

 スピルバーグは「ダークで恐ろしいことを描きながらも救いがあり、誰にとっても普遍的な教訓が描かれている。それがこの小説に惹かれ、監督したいと思った理由の一つです。それは多くのディズニー初期作品にも込められていたテーマです」と原作に惚れ惚れとしつつ、ディズニーとの共通点についてコメント。「これは友情について、誠実さについて、友人を守ることについて描かれた物語」とも語っている。これは、スピルバーグの大ヒット作『E.T.』と同じツボを押さえており、スピルバーグがこの原作を「大好き」というのも、ものすごく納得!

 いつだって私たちの胸をときめかせるのは、今まで知らなかった“未知なるもの”との出会い。例えそれが“人”じゃなかったとしても、温かな絆を育めたとき「怖い」と思っていたものが「大好き!」に変わる。ディズニーとスピルバーグは、この普遍的なテーマをマジカルな映像とともに描いてきた。お互いが惹かれ合うのも当然で、今回の夢のタッグの実現は待望中の待望。本作の公開が発表された時に「やっときたか!」といった声が映画ファンの中で相次いだのも頷ける。

 また、スピルバーグの右腕的存在の脚本担当、メリッサ・マシスン(『E.T.』でも脚本を担当)は、ソフィーとBFGの絆について「パートナーとして前に進もうと思った瞬間から、お互いを心から大好きになるんです。これは素晴らしくもささやかなラブ・ストーリーです」と“ラブ”という言葉を使って表現した。

 そう、スピルバーグと言えば、『E.T.』をはじめファンタジーという装置を使ってラブを描く天才で、本作にも、その大きなラブをビシビシ感じられるような仕掛けが満載なのだ!実力派俳優のマーク・ライランスが、しわくちゃの“やさしい巨人”BFGをパフォーマンス・キャプチャーによって熱演しているのだが、実際に作品を見てみるとこのおじいちゃん巨人からとてつもないラブを感じる。語弊を恐れずにいうと実にかわいい!そして、癒される。「おじいちゃん萌え」の女性は、マークの演技だけで一見の価値があるかも?また、人間と巨人の世界の対比を描くために、巨大セットや小道具もリアルなものが創られおり、BFGがソフィーにお部屋を用意してあげるシーンでは、思わずミニチュアハウスに夢中になった子どもの頃を思い出して、キュンキュンさせられた。

 決して妥協せず、世界中から求められる期待値を超え続けてきたディズニーとスピルバーグ。相性抜群の最強タッグにより生まれた、新たな伝説、新しい時代の『E.T.』をぜひスクリーンで目撃しよう!

 映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は9月17日(土)全国公開。

関連記事(外部サイト)