『ウォーキング・デッド』シーズン7、幕開けで死ぬのは1人じゃない!?

『ウォーキング・デッド』シーズン7、幕開けで死ぬのは1人じゃない!?

リック達を待ち受ける衝撃的な死は?(※『ウォーキング・デッド』シーズン5場面写真)(C)AFLO

 ゾンビ・アポカリプスが起きたアメリカでサバイバルを繰り広げる人々を描く人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』。シーズン7の始めに悪役ニーガンの手にかかり、誰が命を落とすのか、ファンの間では答えを明かすことを求める嘆願運動まで勃発して話題になったが、製作総指揮のグレッグ・ニコテロの発言が新たな波紋を呼んでいる。(以下、ネタバレあり)

 アメリカでは現地時間10月23日にシーズン7の初放送を控えている米AMC局の『ウォーキング・デッド』。コミックではニーガンの愛用バット(ルシール)でめった打ちにされ、グレンやエイブラハムが命を落とすが、ドラマは必ずしも同じ展開にならず、誰が殺されるのかで話題騒然となっている。

 現時点で分かっているのは、リック率いるグループの誰かがルシールの餌食になること。ところがニコテロはEntertainment Weeklyとのインタビューで、爆弾を落としたようだ。シーズン6の最後が衝撃的な未来を予告するクリフハンガーで終わったことを受け、ファンから不満の声が噴出したことについて、「今やるとしても、あの終わり方でいいと思っている。だって物語はあれで終わりではないからね」と語ると、英語で「死」を表す言葉「death」を複数形の「deaths」で言い、「誰が死んだか見せていたら、本来ならシーズン7で感じるべきキャラクターへの思いが変わってしまう」と続けたそうだ。

 ニコテロが1人の死ではなく、複数の死を口にしたことで、犠牲になるのはグレッグの子供を妊娠しているマギーではないか、といった様々な推理や予想が出ている。

 果たしてシーズン7はどのような衝撃的な幕開けとなるのか。リック達を取り巻く環境が大きく変わるシーズン7に大きな不安と期待が膨らむ。

関連記事(外部サイト)