トム・ハンクス、イーストウッド監督の顔マネ披露!しかめっ面は「機嫌の良い時」

トム・ハンクス、イーストウッド監督の顔マネ披露!しかめっ面は「機嫌の良い時」

トム・ハンクス、イーストウッド監督の顔マネ披露!しかめっ面は「機嫌の良い時」 クランクイン!

 俳優のトム・ハンクスが16日、都内で行なわれた最新主演作『ハドソン川の奇跡』の記者会見に共演者のアーロン・エッカートとともに出席。メガホンを取ったクリント・イーストウッド監督から届いた“短く簡潔”なビデオメッセージを見終えたトムは、「彼は寡黙な男でね」と愛を込めてチクリ。「これは(イーストウッド監督の)機嫌がいい時の表情さ」と、しかめっ面の顔真似を披露し、会見場を笑いの渦に巻き込んだ。

 本作は、2009年1月15日、突然の事故で全エンジン停止という危機に直面しながらも、ハドソン川に着水し乗客全員が生還した航空機事故の奇跡を描いた実話ドラマ。事故に巻き込まれたUSエアウェイズ 1549便のチェスリー・サレンバーガー(通称サリー)機長の手記を基に、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実を追求する。

 イーストウッド監督についてサリー機長を演じたトムは、「彼は偉大な俳優であり、監督であることは、我々が育ってきた中で全て記憶している。とくに、監督になってからの活躍は目を見張るものがあり、今世紀を代表する作品の中の5〜6本は彼の作品だと思う」と称賛。実際に演出を受けた印象については、「彼はとにかく俳優が好き。俳優によって映画が作られると思っているので、キャストを大事にしてくれるんだ」と声を弾ませる。一方、スカイルズ副操縦士を演じたアーロンも、「映画と言えば彼の名が浮かぶ。私のヒーローだよ。どんなに寒くて過酷な現場でも、ずっと俳優のそばにいてくれた」とリスペクトの言葉を惜しまない。

 また本作は、実話を基にしているだけに、リアリティにとことんこだわったというトムは、「事実が事実としてちゃんと伝わっているか。余計な飾り付けはいらない、できるだけノンフィクションに近づけたいと思っている。多少の演出はあってとしても、真実のDNAがそこに含まれていることが大事なんだ」と強調。アーロンも「事故に遭われた当時者の方だけでなく、この映画を観た方全員が、あの過酷な現場を経験したと思ってほしい」とアピールしていた。

 なお、この日は1549便に偶然搭乗していた日本人、滝川裕己氏、出口適氏も出席。「事故の裏にこんな真実があったなんて映画を観るまで知らなかった」と両氏とも驚きの表情を見せていた。

 映画『ハドソン川の奇跡』は9月24日より全国公開。

関連記事(外部サイト)