土屋太鳳主演、『兄こま』実写映画化!片寄涼太&千葉雄大ら“兄系イケメン”に愛される

土屋太鳳主演、『兄こま』実写映画化!片寄涼太&千葉雄大ら“兄系イケメン”に愛される

土屋太鳳主演、『兄こま』実写映画化!片寄涼太&千葉雄大ら“兄系イケメン”に愛される(C)2017「兄こま」製作委員会 (C)夜神里奈/小学館

 土屋太鳳、片寄涼太、千葉雄大出演で、人気少女マンガ『兄に愛されすぎて困ってます』の実写映画化が決定した。GENERATIONS from EXILE TRIBE・ボーカルでもある片寄は、本作が映画初出演であり、クールだけど実は優しい“ヤンキー系ツンデレお兄”を体当たりで演じる。

 本作は、「Sho‐Comi」(小学館)にて絶賛連載中の同名コミックが原作。現在コミックス第4巻まで(第4巻は9月26日頃発売)で早くも累計40万部突破、ティーンから20代まで幅広く支持されている話題作である。
 
 土屋が演じるのは、告白12連敗中で全くモテない女子高生・橘せとか。そんなせとかをヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメン兄・はるか(片寄)が見守っていた。2人が血が繋がっていないことを知っているのは兄のはるかだけ。そんな中、突然せとかに人生初のモテキが訪れる。初恋の相手であり憧れのセレブ研修医・芹川高嶺(千葉)も数年ぶりに現れ、せとかに急接近。さらに、続々と年上イケメンたちに愛されはじめる…。
 
 土屋は「多くの人が『土屋太鳳が、せとか?』と感じていらっしゃると思います」と、正直な気持ちを吐露。「緊張に押し潰されそうです」と綴るも、「監督とスタッフさん方、キャストの方々に支えていただき、覚悟を決めて、せとかの時間を生きています」とコメント。現在は気持ちを切り替え、役を演じることを決めたと明かす。
 
 映画初出演となる片寄も「はるか役が自分に務まるのかと不安に思うところもある」と語る。だが、土屋同様「一生懸命自分なりに“はるか”と向き合い、自分らしい“はるか”を演じられたらと思っています」と続け、前を向いた。
 
 『兄に愛されすぎて困ってます』は2017年夏、全国公開。

関連記事(外部サイト)