アンソニー・ホプキンス、新たな“博士”役に「性分の真逆を演じる」

アンソニー・ホプキンス、新たな“博士”役に「性分の真逆を演じる」

アンソニー・ホプキンス、新たな“博士”役に「性分の真逆を演じる」(C)AFLO

 エミー賞史上最多12冠を獲得した、世界的大ヒットドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』の製作局HBOが送り出す、製作費5400万ドルをかけた超大作海外ドラマ『ウエストワールド』。製作総指揮にJ・J・エイブラムス、脚本&監督を『ダークナイト』シリーズのジョナサン・ノーランが務める。さらに今回、異例とも言えるTVドラマにレギュラー出演し主演も務める、アカデミー賞俳優アンソニー・ホプキンスが、作品や演じるキャラクターについてだけでなく、意外な素顔も明かしてくれた。

 本作の舞台となるのは、近未来の体験型テーマパーク“ウエストワールド”。ここには、西部開拓時代の街並みとそこに暮らす人々――娼婦、ガンマン、保安官、悪党などが存在。彼らは一見、人間そのものだったが、実は“ホスト”と呼ばれる人工知能(AI)を備えた人間型ロボットが、シナリオ通りに行動するようプログラミングされていたのだ。しかし、やがて何人かのホストたちがシナリオを外れ、異常な行動を起こし始めてしまう―。

 ウエストワールドの創造主で、天才科学者でもあるフォード博士を演じるアンソニーは、「フォード博士は膨大なスケールの中ですべてをコントロールして、すべてにおいて完璧を求める。つまり狂信的だ」と自身のキャラクターを分析。続けて、「私の役目はたくさんセリフを喋ること。それに、セリフをたくさん覚えることで、脳細胞は活発にキープされる。やり過ぎはしたくないけど、長いセリフを覚えるのは好きだからね」。

 また、『羊たちの沈黙』のレクター博士のように、これまで権力を持ちクセのある人物を多く演じてきたアンソニーは「私の性分の真逆のキャラクターを演じる機会に恵まれている」と話し、その理由について「冷たいからかな(笑)。いや、無表情の視線かもしれない。人類の痛みは、他人や自分たち自身を支配して恐れさせ、すべてをコントロールすることから生じると思っているんだ」と自らの考えを示す。

 キャラクターを作り上げることについては「幸いなことに、私は想像力がいいほうだと思う。役作りしていくうちに、どうすれば上手くいくかも見えてくるんだ」。しかし、今回のドラマでは撮影する部分までの台本しか与えられず、結末がわかって撮影する映画とは大きく違う。「ジョナサン・ノーランと監督たちに、『一体このドラマはどうなるんだ?』と聞いたけど、教えてくれようとしないんだ。本作に出てくる、自意識を持った考えるロボットはジョナサンの発想だしね。でも、何も教えてくれないから、一体どうなるのかわからなかったよ。ほかのキャラクターや彼らに何が起こるのかについても、よく知らなかった。大きなサプライズがあることを明かされるまでね。知らないということを楽しんだよ」。

 本作では、西部開拓時代の裏側で、最新のテクノロジーが至るところに登場する。アンソニーはそんなテクノロジーについては多く語らなかったが、「コンピューターとiPad、iPhoneを持っているし、使い方もわかっているよ」とほほ笑む。「覚えなきゃいけない台本のセリフはすべてコンピューターに書き出して色で塗り分けるようにしているんだ。そうすると、真っ白なページより重要そうに見えるだろ?」と意外な素顔もみせたアンソニー。テクノロジーとの“融合”を果たしたアンソニーとフォード博士をぜひ堪能してもらいたい。

 海外ドラマ『ウエストワールド』は、10月13日より毎週木曜23時ほかスターチャンネルにて独占日本初放送(10月13日&29日は第1話無料放送)。

関連記事(外部サイト)