9人の翻訳家を秘密の地下室に隔離…実話から着想のミステリー公開

9人の翻訳家を秘密の地下室に隔離…実話から着想のミステリー公開

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』メインカット(C)(2019)TRESOR FILMS − FRANCE 2 CINEMA − MARS FILMS− WILD BUNCH − LES PRODUCTIONS DU TRESOR - ARTEMIS

『ダ・ヴィンチ・コード』などで知られる人気小説『ロバート・ラングドン』シリーズの出版秘話から着想を得たミステリー映画『Les traducteurs(原題)』が、邦題を『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』として2020年1月24日より公開されることが決定した。

 トム・ハンクス主演で映画化された『ダ・ヴィンチ・コード』などが、一大現象を巻き起こした小説『ロバート・ラングドン』シリーズ。その4作目となる『インフェルノ』の出版時、海賊行為と違法流出を恐れた出版元が、著者ダン・ブラウンの同意のもと、各国の翻訳家たちを秘密の地下室に隔離して作業をさせるという驚きのミッションを遂行。本作は、この前代未聞のエピソードを基に、デジタル時代ならではの仕掛けを散りばめたミステリー映画となっている。

 舞台はフランスの人里離れた村にある洋館。全世界待望のミステリー小説『デダリュス』完結編の各国同時発売のため、9人の翻訳家が集められた。彼らは洋館の地下に隠された密室で、外部との接触が一切禁止されたまま、毎日20ページずつ渡される原稿を翻訳する。しかしある夜、出版社社長の元に「冒頭10ページをネットに公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ、次の100ページも公開する。要求を拒めば、全ページを流出させる」という脅迫メールが届く…。

 富と名声にとりつかれた出版社社長を演じるのは、映画『神々と男たち』や『マトリックス』シリーズで知られるランベール・ウィルソン。『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコ、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のアレックス・ロウザーらが、一癖も二癖もある翻訳家に扮して物語をかく乱する。監督と脚本を手掛けるのは、『タイピスト!』(2012)で長編映画監督としてデビューし、セザール賞新人監督賞にもノミネートされたレジス・ロワンサル。

 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は2020年1月24日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)