『バイオハザード』最終章、新予告解禁! アリス達と共にローラの姿も

『バイオハザード』最終章、新予告解禁! アリス達と共にローラの姿も

ローラが出演するシリーズ完結編『バイオハザード:ザ・ファイナル』(※「Sony Piectures Entertainment」ユーチューブのスクリーンショット)

 ミラ・ジョヴォヴィッチが主演する大ヒットシリーズの最終章『バイオハザード:ザ・ファイナル』の公開に先駆け、新しいインターナショナル予告編が公開された。日本ではタレントのローラが出演することでも話題になったが、そのローラが新予告編に姿を現している。

 カプコンの人気アクションアドベンチャーゲームをベースに、2002年の第1弾『バイオハザード』以来、6作目にして最後になると伝えられている『バイオハザード:ザ・ファイナル』。物語は前作の『バイオハザードV:リトリビューション』(12)の出来事の直後から始まるという。

 人類滅亡が刻々と迫る中、ミラ演じるヒロインのアリスと仲間達がアンデッドを封じ込める抗ウイルス剤を求めて、全てが始まったラクーンシティに戻り、アンブレラ社との最終決戦に挑む。

 約2分半のインターナショナル予告編は廃墟と化した町にいるアリスが、ドラゴンのような怪物と対峙しているところから始まる。「私はアリス」「走り殺す。それが私の人生」「全てがここへと導いた」「もう私は走れない」。映像の中の少女がアリスに人類の滅亡が迫っていることを告げ、「あなたが心から望んでいるものを与えてあげる」「復讐よ」と語りかけるが…。

 無数のアンデッドに行く手を遮られるアリス達。ローラ演じるコバルトが「どうする?」と言うと、「一人残らず息の根を止めてやる」とアリス。息をのむ壮大なバトルとアクションシーンの連続だ。

 『バイオハザード:ザ・ファイナル』は現地時間2017年1月27日より全米公開予定。日本では世界最速で12月23日に封切られる。

関連記事(外部サイト)