『スカーレット』戸田恵梨香、大島優子、林遣都“幼なじみ”わちゃわちゃシーンに歓喜の声

『スカーレット』戸田恵梨香、大島優子、林遣都“幼なじみ”わちゃわちゃシーンに歓喜の声

NHK朝ドラ『スカーレット』に出演する(左から)大島優子、戸田恵梨香、林遣都 クランクイン!

戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第6週「自分で決めた道」(第36回)が9日に放送され、喜美子(戸田)が幼なじみの照子(大島優子)や信作(林遣都)と顔を合わせるシーンに、ネット上には「絆が育ってるなぁ」「幼なじみトリオかわいい〜」などの声が集まった。

 丸熊陶業で見た火鉢の絵付け作業が忘れられない喜美子だったが、仕事は相変わらず職人たちの食事の準備とお茶の手配。ある日の夕方、喜美子が食堂で帰り支度をしていると、そこに学校から急いで戻ってきた照子が笑顔で「喜美子〜!やったぁ〜!!いた〜!!」とやってくる。そんな照子に喜美子は「うちももう帰んで〜」と素っ気なく振る舞うと、照子は悲しそうな表情で「せっかく会いにきたのに〜」と残念がる。このやりとりにネット上には「喜美子と照子の関係性いいよなぁ...」「照子の喜美子好き好き攻撃」などの声が寄せられた。

 喜美子が照子に絵付けのことを聞こうとすると、そこに信作がひょっこりと顔を出し「ついにお前らも“信様!信様!”言う時が来たで」と一言。呆気にに取られる喜美子と照子を前に、信作はハイテンションに買ってもらった背広を自慢し始める。この展開に「信様もきたーー」「信作、相変わらずのトンチキ...」といったコメントがネット上に投稿された。

 しばらく離れて暮らしていた喜美子に対して、照子は信作がすっかりひょうきん者になったことや、それでも友だちがいないことを暴露。信作はそんな照子について、喜美子が帰ってきて涙が出るほど喜んでいることをバラす。幼なじみが顔を合わせた賑やかなひと時に、ネット上には「幼なじみ揃い踏み」「3人、絆が育ってるなぁ」などの声が集まり、さらに「3人のわちゃわちゃ感が可愛すぎる」「同級生3人でキャッキャしたり えぇのぅ。」と視聴者が喜ぶ声が相次いだ。

 来週、第7週「弟子にしてください!」では、火鉢の絵付け師・深野心仙(イッセー尾形)のもとで学びたいと考えた喜美子が弟子入りを志願する。

関連記事(外部サイト)