『スカーレット』戸田恵梨香が大号泣! 視聴者も涙「もらい泣き」

『スカーレット』戸田恵梨香が大号泣! 視聴者も涙「もらい泣き」

『スカーレット』第39回より(C)NHK

戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第7週「弟子にしてください!」(第39回)が13日に放送され、喜美子(戸田)が信楽を訪れたちや子(水野美紀)や家族の前で号泣しながら本音を漏らすシーンに、視聴者から「私も号泣してた」「もらい泣き」「一緒に号泣」などの声が集まった。

 喜美子は、ちや子から雑誌記者へ転職したことや、琵琶湖に大きな橋がかかると聞きつけて取材にやって来たことを知らされる。ちや子は橋の建設から完成までを追いたいと会社に願い出たものの、女性であることを理由にまともに取り合ってもらえないことを吐露する。

 話を真剣に聞き入る喜美子に対してちや子は「頭下げて“どうしてもやりたい! やってみたい! やらしてくださーい!”言うて、必死に思いを伝えて、一生懸命かけおうて、ほんでようやっと任してもらえることになったんよ」と説明。ちや子の話に、絵付け師への夢をもつ自分を重ね合わせた喜美子は「うちもやりたかった…」とつぶやくと、家族がいるのも気にせず大号泣する。そして喜美子は泣きながら「絵付けやりたかったぁ!」と声を上げる。

 家族のために夢を断念する彼女が、泣きながら本心を口にした姿に、ネット上には「キミちゃんがようやく自分の気持ち言えたよ...」「家族はこんなキミちゃんの姿、見たことないだろうね」などの声が寄せられた。さらに家の経済状況から、絵付け師の修行をするには時間と金銭の余裕がないことを涙ながらにちや子に訴える喜美子の姿に「やっと泣けたね!と思ったら私も号泣してた」「朝から喜美子にもらい泣き」「一緒に号泣してしまってヤバい〜」といったコメントもネット上に集まった。

関連記事(外部サイト)