中山美穂、“娘”土屋太鳳への溺愛ぶりを発揮 シックな黒ドレスで魅了

中山美穂、“娘”土屋太鳳への溺愛ぶりを発揮 シックな黒ドレスで魅了

リバイバルドラマ『Wの悲劇』会見に登場した(左から)土屋太鳳、中山美穂 クランクイン!

女優の土屋太鳳と中山美穂が14日、都内で実施されたドラマ『Wの悲劇』の試写会に制作統括の後藤高久、志村彰と共に出席。土屋と中山はシックな黒ドレスで登場し、和気あいあいとしたトークを展開した。

 本作は、小説家・夏木静子の同名推理小説を原作とするミステリードラマ。過去の名作を現代によみがえらせる“リバイバルドラマ”シリーズとなる。大伯父にして製薬会社会長の和辻与兵衛(大和田伸也)を刺し殺してしまう和辻摩子(土屋)と、摩子の事件の隠ぺいを一族に頼み込む母・淑枝(中山)を中心とした和辻家の悲劇の行方を描く。

 土屋は、過去幾度も映像化されてきた本作について「大先輩方がたくさんいらっしゃる現場だったので、最初はすごく緊張していたんですけど、本当に楽しく、そしてすごく刺激をいただきました。その刺激が映像に刻まれていると思う。ぜひ秋の夜長に深く楽しんでいただけたら」とアピール。

 見どころを問われて「皆さんがひょう変していくところ。皆さんの過去がどんどんワーッ! となるシーンがある。そこは『さすがだな〜!』っと鳥肌が立ちながら見ていました」と振り返った。

 そんな摩子を守ろうと奔走する淑枝を演じる中山は「共演者の方々の顔ぶれもなかなか個性的な方が集まっていた。全員がそろうシーンが多かったので、もうそれだけでお腹いっぱいになるというような顔ぶれで楽しかった」と言い、「とても上品な、質の良い作品になったと思います。これまで数々のリバイバルがされてきたと思うんですけど、新しい形と言いますか、私はとても好きだなと思いました」と語り、土屋との共演について「堂々と演じていた。母として、すごく誇らしい気持ちになりました」とほほ笑んだ。

 それを受けて土屋も、中山との共演に言及。「すごく存在感があって、オーラがあって、現場にいるだけで摩子の気持ちが出てくる。おこがましいですけど、美穂さんのために何かできないかなとか、いろんなお話ができたらなとか、その場にいてくださるとことが自分にとって役作りで大きかったです」と話した。

 隣で「美穂さんはスゴくキレイです…」と漏らす土屋を見て中山は「本当に太鳳ちゃん、いい子。毎日毎日感動していた。『美穂さん、どんな音楽聞くんですか』とかお話ししていて、私のオススメする曲を一所懸命聞いてくれる。『本当にほしいな、この子』と思った」と目尻を下げた。

 ドラマ『Wの悲劇』は、NHK BSプレミアムにて11月23日21時〜22時29分に放送。

関連記事(外部サイト)