長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己×黒沢清監督、舞台『散歩する侵略者』映画化決定

長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己×黒沢清監督、舞台『散歩する侵略者』映画化決定

長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己×黒沢清監督で舞台『散歩する侵略者』映画化決定(c)2017『散歩する侵略者』製作委員会 

 長澤まさみ主演、松田龍平、長谷川博己らが出演し、劇団イキウメの人気舞台『散歩する侵略者』を黒沢清監督が映画化することが決定した。2017年9月16日より公開される。

 『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞し、国内外で注目を集める黒沢清監督。前川知大率いる劇団イキウメは、蜷川幸雄がをリメイクするほど惚れ込んだ作品『太陽』でも知られる、名作が多い注目の劇団。2005年の初演後、何度も再演を重ねている『散歩する侵略者』は、数日間の行方不明の後、夫が“侵略者”にのっとられて帰ってくるという斬新な設定の物語。

 主人公の加瀬鳴海を長澤が務める。鳴海の夫・加瀬真治役を松田。キーパーソンとなるジャーナリスト役を長谷川が演じる。キャストは、黒沢監督がずっと仕事をしたかった人たちを集めたとのこと。

 数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。突然、優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤)。夫・真治(松田)は、毎日散歩に出かけていく。同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が発生する。突然、「地球を侵略しに来た」と真治から衝撃の告白を受ける鳴海。事件を取材するジャーナリストの桜井(長谷川)は、ある事実に気づき、混乱に巻き込まれていく……。

 長澤は、「出演オファーを頂いた時は、私でいいのかなと思うほど本当に嬉しかったです。現実味のあるフィクションが好きなので、脚本はのめり込んで一気に読みました。女性として、鳴海の気持ちに共感しながら、真治のことを家族として大切に思えるようにしようと思い演じました」とコメントしている。また、松田は、「『侵略者』がやってくる、というシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力だと思います」、長谷川も「ラブストーリーでもあれば、男同士の友情を描くノワール映画的な要素もあります。ジャンルを飛び越えたすごい映画になるんじゃないかと楽しみにしています」と、それぞれ本作の魅力を語っている。

 映画『散歩する侵略者』は、2017年9月16日より公開予定。

関連記事(外部サイト)