中山美穂の元夫にV6・長野博! 1月スタート『彼らを見ればわかること』特報公開

中山美穂の元夫にV6・長野博! 1月スタート『彼らを見ればわかること』特報公開

『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』ポスタービジュアル(C)WOWOW

女優の中山美穂が主演を務め、共演に木村多江と大島優子を迎える『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』(WOWOWプライム/毎週土曜22時)より、中山、木村、大島が演じる妻たちの「事情」に翻弄される夫役として、生瀬勝久、長野博、上地雄輔が出演することが発表された。併せて、特報とポスタービジュアルも解禁された。

 本作は、現代社会の家族像をリアルに投影し、新しい“結婚観”や“夫婦観”、そして“家族観”を問いかける大人のドラマ。同じマンションに住む3人の女性とその3つの家族、それぞれが抱える事情と欲望が入り乱れる様が描かれる。監督には映画『神様のカルテ』やドラマ『偽装の夫婦』の深川栄洋を迎え、丁寧かつ大胆な女性心理の描写に定評のある小説家・沢木まひろ(『二十歳の君がいた世界』ほか)がオリジナル脚本を手掛ける。

 中山が演じるのは、再婚相手との家庭で「妻」「母」でありながら、官能作品で絶大な人気を誇るレディコミ漫画家としての顔も併せ持つ内田百々子役。百々子と同じマンションに住む友人で、夫に家事全般を任せるキャリアウーマンの富澤瑞希役に木村、20年前に百々子が別れた夫の現在の妻で、百々子と同じマンションに引越してくる看護師の鴨居流美役には大島が扮する。

 生瀬が演じるのは、百々子(中山)の夫・内田櫂斗役。飲食業で会社を急成長させてきた敏腕経営者で、百々子と息子の柊司にとっては「よき夫」「よき父」である反面、その女性関係の派手さは社内でも噂になるほど。冷静かつ器用に家庭と仕事を両立させてきたが、次第に思いもよらぬ百々子の過去を知ることになる。生瀬は役作りについて「女性に対する考え方などが独特で共感できる部分が少ない役ですが、敏腕経営者でもあるので『焦ったり・困ったり・喜んだり』などの感情を相手に見透かされるような男にならないように意識して演じています」とコメント。

 長野が扮するのは、百々子と同じマンションに引越してくる流美(大島)の夫であり、百々子の元夫でもある鴨居葉介役。実直な介護士として評判もよく、年下の新妻・流美との新婚生活も順調に歩んでいた矢先、思いがけず元妻と同じマンションで暮らすことになり、“イマ妻”と“モト妻”が頻繁に顔を合わせる状況に戸惑い揺れ動く。長野は「偶然20年前に別れた元妻と再会し、隣人同士となってしまった葉介が色々と起こる出来事にどう向き合って接していくのか。その中で色々な形の優しさみたいなものが垣間見えるように演じられることが出来たらと思っております」と抱負を語る。

 上地が演じるのは、瑞希(木村)の夫・富澤一太役。家事全般を完璧にこなす専業“主夫”で、2人の子どもの父。結婚から20年以上経っても瑞希へ変わらず愛情を注ぎ続けるが、瑞希は一太に男性的な魅力を感じなくなり、セックスレス状態。一太は虎視眈々とその“機会”をうかがっている。上地は役柄について「一太は、スポーツ万能だったけど挫折して、それでも妻の瑞希や家族のために一生懸命、家事をしている完璧な主夫です。でも、ただの良い奴なだけになってしまったら面白くないので、きちんと彼の欠点や足りない部分も表現したいと思って演じています」と語っている。

 今回解禁された特報とポスタービジュアルは、3組の夫婦の幸せそうな姿と、その裏に抱えるそれぞれの「事情」が表裏一体で表現されたものとなっている。

 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』は、WOWOWプライムにて2020年1月11日より毎週土曜22時放送(全8話)。

関連記事(外部サイト)