斉藤由貴&国生さゆり&有森也実、金田一ドラマ『悪魔の手毬唄』出演決定

斉藤由貴&国生さゆり&有森也実、金田一ドラマ『悪魔の手毬唄』出演決定

土曜プレミアム『悪魔の手毬唄〜金田一耕助、ふたたび〜』に出演する(左から)国生さゆり、斉藤由貴、有森也実(C)フジテレビ

NEWSの加藤シゲアキが主演し、金田一耕助を演じる土曜プレミアム『悪魔の手毬唄〜金田一耕助、ふたたび〜』(フジテレビ系/12月21日21時15分)の追加キャストとして、女優の斉藤由貴、国生さゆり、有森也実の出演が発表された。泥沼対立するこの3人の美魔女に、血で血を洗う惨劇が降りかかる。

 作家・横溝正史による「金田一耕助」シリーズは、日本探偵小説史における金字塔を打ち建てたほか、日本映像史においても絶大な人気を誇る不朽の名作。本作では、昨年のクリスマスイブのスペシャルドラマ『犬神家の一族』で“平成最後の金田一耕助”として迫真の演技を見せた加藤が再び金田一を務める。

 斉藤は、物語の舞台、鬼首村で起こる惨劇に巻き込まれていく由良家当主、由良敦子役。国生は、国民的スター歌手、大空ゆかりである別所千恵子(中条あやみ)の母、別所春江役。有森は、由良家と対立構図にある仁礼家当主の妹、司咲枝役を演じる。3人はそれぞれに年頃の娘を持つ母親であり、娘に言えない“ある秘密”を抱えた裏の顔を持つ人物。ギリギリ均衡がとれていた鬼首村だったが、別所千恵子の帰郷が引き金となり、身も震える惨劇が3人に襲いかかる。

 斉藤は「昔から大好きだった横溝正史作品に参加できてとても光栄です。あの、優美でほの暗い、横溝作品の世界観のひとピースとして、何かしらのスパイスを効かせられたらと思っています」と意気込む。

 国生は「横溝正史さんの作品に出演することは、この仕事を始めた十代の頃からの夢でした。夢がかなってうれしいです。令和元年の良い締めくくりにもなりました」とコメント。

 有森は「楽しみにしているシーンのひとつは、敦子、春江、咲枝の三人が金田一耕助に呼び出されるシーンです。三人掛けのソファーにできるだけ間を空けて座る三人。同時代を駆け抜けてきた斉藤由貴さん、国生さゆりさんと同じフレームに収まるなんて、今からとてもワクワクしています」と話している。

 土曜プレミアム『悪魔の手毬唄〜金田一耕助、ふたたび〜』はフジテレビ系にて12月21日21時15分放送。

関連記事(外部サイト)