元ラグビー日本代表・廣瀬俊朗に大泉洋がアドバイス「TV局の要望に応えすぎ」

元ラグビー日本代表・廣瀬俊朗に大泉洋がアドバイス「TV局の要望に応えすぎ」

廣瀬俊朗 クランクイン!

元ラグビー日本代表主将で、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)で俳優デビューを果たした廣瀬俊朗が23日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系/毎週土曜12時)に出演。ドラマで共演した俳優・大泉洋から、テレビ出演が増えた廣瀬にユーモラスな忠告が送られる一幕があった。

 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』で、大泉演じる主人公・君嶋がゼネラルマネージャーを務めるラグビーチーム「アストロズ」不動のエース・浜畑を演じ話題を集めた廣瀬。廣瀬は主演の大泉の印象について「すごく気さくな方で…」と話すと「“こんな風に喋った方がいいんじゃない?”ってすごい教えてくれて」と撮影中も俳優として演技の提案をしてくれたことを明かした。

 その後、番組では大泉から広瀬に宛てたメッセージを紹介。ドラマ初出演だった廣瀬の演技について、大泉は「最初のシーンからトチらないので驚きました」と評価すると「とにかくセリフをミスらない人でした」と絶賛。

 さらにドラマ出演以降、テレビへの出演が増えている廣瀬に大泉は「いろんな番組に出ているのは嬉しいんですが…」と前置きしつつ、「テレビ局の要望に応えすぎです」と一言。「歌を歌わされたり、ヤクザの親分みたいな格好をさせられたり…テレビ局に踊らされないでほしい」とアドバイス。「僕に連絡していただければ、やってもいいか判断してあげます」とユーモラスなメッセージを贈った。

 番組では、廣瀬が芸能界の交友関係についても披露。大学の同級生でもあった嵐の櫻井翔とは卒業後に親しくなったそうで、『ノーサイド・ゲーム』最終回での共演後に二人で食事に出かけたことを告白。食事の席ではこれからのラグビー界について、さらに今後のお互いのキャリアについて話していたことを打ち明けていた。

関連記事(外部サイト)