『俺の話は長い』清原果耶、フラれて涙…視聴者胸キュン「こんな妹欲しい」

『俺の話は長い』清原果耶、フラれて涙…視聴者胸キュン「こんな妹欲しい」

清原果耶 クランクイン!

俳優の生田斗真が主演を務めるドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第7話が23日に放送された。なかなか成就しない恋に悩む春海(清原果耶)の姿に「まじでかわいい」「絶妙な表情」などの感想が寄せられた。

 本作はひとつの話を30分2本立てで展開。6年前からニートで、31歳の独身男性・岸辺満(生田)を巡る家族関係を描くホームドラマ。

 実家を出て、女社長の明日香(倉科カナ)の家で生活している満。「自分のこれからやるべきことは明日香のサポートなんじゃないかと思って」と気持ちを伝えるも、明日香の反応はイマイチぱっとしない。「そんなこと求めてない」と明日香から予想外の答えが返ってくると、満は「定職に就かない人間を馬鹿にしてるんでしょ」と反論し、明日香の家を去っていった。

 一方、春海は、恋愛相談を送ったラジオに再びメールを読まれると、喜びを隠しきれずあたふた。ラジオから聞こえる声にいちいち反応し「ありがとうございます」とお礼を言う春海に視聴者からは「かわいすぎる」「悶絶」「こんな妹欲しい」などの声が上がっていた。勇気づけられた春海は、ずっと思いを寄せていた陸(水沢林太郎)を告白のために呼び出すが、フラれてしまう。

 落ち込んで家に帰宅すると、そこには久しぶりに会う満の姿が。「どうした?」と声を掛けられると、「遅いよ」と、思わず春海は涙してしまう。春海は満に、海まで車を出してくれと要望。満は「奇遇だね〜ちょうど俺も海に慰めてもらいにいこうとしてたんだよ」と話し、2人は海へ車を走らせる。お互いの恋が成就しなかった満と春海。帰りの車の中で静かに涙を流す満に、春海は驚きながらもそっと目を反らした。
 
 満と春海の関係性にネットでは「春海の『遅いよ』にキュンとした」「切ないけど素敵な叔父と姪」「心に沁みた」など、多くの感想が寄せられた。

関連記事(外部サイト)