みちょぱ、最年少12歳のジュノンボーイに忠告「変な女につかまらないように」

みちょぱ、最年少12歳のジュノンボーイに忠告「変な女につかまらないように」

第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの囲み取材にて クランクイン!

菅田将暉ら数多くの男性スターを世に送り出してきた「第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」が24日、都内で開催され、15名のファイナリストの中から12歳の渡邉多緒(たお)が、グランプリを受賞。イベント後、ゲスト審査員を務めた武田真治、みちょぱと共に初めての囲み取材に応じ、早くも芸能界の洗礼を浴びた。

 32回目となる今回は、全国から1万7165人の男性が応募。3次審査を経て15名のファイナリストが最終審査に進み、晴れてグランプリに輝いた渡邉。集まった報道陣を見て「緊張します。カメラが数えきれないくらいで、初めての体験」と戸惑い気味。グランプリ時は「実感がなかった」と振り返り、「不思議な気持ちで。今も(実感が)沸いてない」と心境を打ち明けた。

 同イベントの応募資格は12歳〜22歳の芸能事務所に所属していない男子で、渡邉は歴代最年少となる12歳8ヵ月、中学1年生での受賞になる。同コンテストの先輩になる武田は「令和の時代に長く活躍するスターになってくれるのでは」と期待し、「心のキレイさがステージから見えた」と秘めた才能を称えた。

 最終審査で告白の相手を務めたみちょぱは「かわいかったです。言葉がでてこない感じが印象的で。お姉ちゃん感覚で守ってあげたくなる」と虜になった様子。告白のときセリフを忘れていたという渡邉が「みちょぱさんがかわいすぎて」と弁明すると、みちょぱは「上手いな。もうそんなこと言えるのか」と笑顔でツッコんでいた。

 47歳の武田とは25歳差。父親の年代と変わらない武田に、ここ数日の芸能界の結婚ラッシュに対する質問が。武田は渡邉に「いいか、ここからが芸能界だぞ。こういうのがあるんだよ」に語り、「君のめでたい席なんだけど、俺の話していい?」と気遣いを。また、自身の結婚の可能性を問われ、「僕は今絞りこんでます」と返し、苦笑いしていた。

 12歳で身長172cm、足のサイズ28cmと、今後さらに成長しそうな渡邉は、「モデルをやりたい。これから芸能界でやっていく自信はあります」と宣言。また「彼女はいない」と明かすと、みちょぱから「芸能界で変な女につかまらないように」とのアドバイスが。武田に「変な女とは?」と聞かれたみちょぱは苦笑いながら、「すごい遊んでる方もいるだろうし。気を付けてね。見かけで判断したちゃダメだよ」と渡邉に語っていた。

 さらに、渡邉が「菅田将暉さんに会いたい」と明かすと、武田が「オレでごめんな」とぼやく一幕も。渡邉が「筋肉体操好きです」とフォローすると、武田が「最後に2人スクワットするか?」という提案をし、速攻でスクワットをレクチャーしていた。

関連記事(外部サイト)