山崎賢人『時効警察』出演! デビュー作以来9年ぶりにオダギリジョー&三木聡監督とタッグ

山崎賢人『時効警察』出演! デビュー作以来9年ぶりにオダギリジョー&三木聡監督とタッグ

金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(左から)最終話ゲストの山崎賢人、主演のオダギリジョー(C)テレビ朝日

俳優のオダギリジョーが主演を務めるドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の最終話(12月6日放送)に、俳優の山崎賢人がメインゲストとして出演することが発表された。山崎は9年ぶりにオダギリと三木聡監督とタッグを組む。

 『時効警察』シリーズの生みの親である三木が脚本・監督を務める最終話で、動画配信サイトで次々と予言を的中させて有名になった予言者・スピリチャル雨夜を演じる山崎。実は山崎の俳優デビュー作は、オダギリが主演し、三木が監督・脚本を担当したドラマ『熱海の捜査官』(2010年/テレビ朝日)。山崎はその後、数々の映画、ドラマに出演し、代表作を挙げればキリがない20代を代表する俳優に成長した。今回、俳優10年目という節目で三木組という“原点”に舞い戻り、『時効警察』でさらなる飛躍を遂げる。

 「『熱海の捜査官』のときはセリフを覚えて役を演じるだけでいっぱいいっぱい。オダギリさんと2人で階段を降りるシーンでは緊張しすぎて、右手と右足が一緒に前に出ちゃったり…(笑)。それくらい緊張していました」と振り返る山崎。

 「オダギリさんとは『熱海の捜査官』の撮影が終わった後も、一緒にフットサルをさせていただいた」という山崎も、共演となると『熱海の捜査官』以来。「今回の再共演といい、『熱海の捜査官』の後もつながっている感じがして、すごくうれしいです。『時効警察』の現場では、オダギリさんと久々にお会いできたので、近況報告から本当に他愛もない話まで、いろんなお話をさせていただきました。とても楽しくぜいたくな時間を過ごさせていただきました」と声を弾ませた。

 そして、「この10年で成長した部分を出せたら…とは思っています。撮影中はやっぱり『熱海の捜査官』の頃を思い出しますし、“初心忘れるべからず”という真っ白な気持ちで臨んでいます」と特別な思いを語った。

 金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』最終話は、テレビ朝日系にて12月6日23時15分放送。

関連記事(外部サイト)