『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』予告編公開 ナレーションに田辺誠一&大塚寧々

『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』予告編公開 ナレーションに田辺誠一&大塚寧々

『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』チラシビジュアル

映画『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』(2020年2月21日より全国公開)のナレーションを俳優の田辺誠一と女優の大塚寧々が担当することが発表された。併せて予告編が解禁された。

 本作はNHKの人気自然番組『ダーウィンが来た!』の劇場版第2弾で、今回は恐竜が主役となる。これまで同番組でも何度か紹介されてきた恐竜だが、その生態については、いまだに謎めいた部分が多い。劇場版では、これまでNHKのVFXチームと日本のトップクリエイターが共同で創り上げてきた超リアルな恐竜のCG映像を厳選し、最新研究から明らかになった、常識を変える全く新しい恐竜世界を迫力の映像で紹介する。

 今から6600万年前の地球。そこは、巨大生物たちが覇権を争う世界だった。北米では、集団で巧みな狩りをする最強恐竜ティラノサウルスがトリケラトプスを取り囲み、アジアの海岸では、浜辺にやってきたカムイサウルスに巨大な海竜モササウルスが水中から襲いかかる。まさに、弱肉強食の世界だ。一方で恐竜たちの意外な一面も見えてきた。極寒の北極で知恵を武器に生き抜く肉食恐竜トロオドン。モンゴルの大地を疾走するのは、全身を派手な羽毛に包まれた羽毛恐竜デイノケイルス。海の中では、巨大な海竜モササウルスが、まるで人間のように自らのおなかを痛めて、新たな命を育んでいく。だが、その頃、直径10kmのいん石が猛スピードで地球に向かっていた―。

 ナレーション収録を終えた田辺は「CGの恐竜は生きているように見え、表情や目からも感情が伝わってきて、そのリアルな生態は実写フィルムを見るようでした。時には感情を込め、時には見て下さる方に感情を委ねながらナレーションをとりました」とコメント。大塚は「恐竜の親の子に対する愛情や命の尊さに感動しました。この頃の地球に行ってみたいと思いました」と話している。

 予告編では、最近の研究結果を反映して、体に羽毛の生えた姿のティラノサウルスをはじめ、発見されたばかりの奇妙な恐竜たちが続々と登場。海中では巨大なモササウルスがティラノサウルスを相手に大バトルを繰り広げる。さらに、恐竜が大切な我が子を守るため必死に生きる姿も映し出されている。

 映画『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』は2020年2月21日より全国公開。

関連記事(外部サイト)