清野菜名×横浜流星、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』ビジュアル解禁

清野菜名×横浜流星、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』ビジュアル解禁

日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(左から)ダブル主演の清野菜名、横浜流星(C)読売テレビ

女優の清野菜名と俳優の横浜流星がダブル主演を務める2020年1月スタートのドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)より、清野演じる囲碁棋士の川田レンと、横浜演じる飼育員さんのビジュアルが解禁された。

 本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんが、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、警察やマスコミも触れない世の中のグレーな事件にシロクロつける姿を描く。

 清野は、囲碁棋士の川田レンと、世間を騒がせる謎の存在・ミスパンダという2つの顔を演じる。横浜は、表向きは大学で精神医学を学ぶ傍ら、メンタリストNとしてもテレビ出演する医学生だが、裏ではミスパンダの【飼育員さん】となる森島直輝を演じる。普段はネガティブで弱気なレンだが、直輝から、あるきっかけを与えられると、ミスパンダに変貌。直輝は、飼育員さんとして彼女と行動を共にする。

 ちまたにあふれる悪質なセクハラ・パワハラ、組織の不正や権力者への忖度(そんたく)など、週刊誌やネットで事件のうわさや憶測が飛び交っても、真相はグレーなまま闇に消えていくことも多い。そんな目に見えない壁に阻まれた事件に、令和の最凶バディが驚異的身体能力と頭脳を駆使して大胆不敵に切り込み、隠された真相を容赦なく暴いていく。

 しかし、直輝がミスパンダと共に真相を暴く理由は、単なる正義感からではなかった。謎の死を遂げた直輝の父。直輝は誓う。全ては愛する父を殺し真実を闇へ葬った人間への復讐のため。直輝の父を殺したのは、いったい誰なのか?

 ビジュアルでは、レン(清野)はごく普通の女性のスタイルで、ミスパンダのスタイルとのギャップも注目される。一方、直輝(横浜)は、素朴な作業着姿に鋭いまなざしを光らせ、冷静沈着にミスパンダを操って目的を遂行するという魅力的なキャラクターとなる。

 ミスパンダと飼育員さんのアクションシーンでは、清野と横浜が持ち前の高い身体能力を駆使し、見ごたえ十分のアクションを披露。暴れまくるミスパンダとクールな飼育員さんという、対照的な2人の活躍が繰り広げられる。

 清野は「まったく違う2つのキャラクターを演じていますが、やっていくうちにどんどん楽しさが増しています。今回はアクションもあって、今までにない自分を出していきたいです」と意気込む。

 一方、横浜は「僕が演じる直輝は、メンタリストNとしてテレビ出演もしている人当たりの良い医学生という表の顔と、ミスパンダを操る飼育員さんという裏の顔を持っています。ただ実は、直輝は、父の死の真相を暴き復讐するために動いていて、その目的を果たすためにいろんな顔を使い分けているので、その目的を大事にしながら演じていきたいです」と話す。

 日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、読売テレビ・日本テレビ系にて2020年1月より毎週日曜22時30分放送。

関連記事(外部サイト)