速水もこみち、10年ぶり連ドラ主演 奴隷願望を秘めた超ドM社長に

速水もこみち、10年ぶり連ドラ主演 奴隷願望を秘めた超ドM社長に

ドラマ『この男は人生最大の過ちです』メインビジュアル(C)ABCテレビ

俳優の速水もこみちが愛する女性に奴隷志願する“超ドM”社長役で主演を務めるドラマ『この男は人生最大の過ちです』が、ABCテレビとテレビ朝日にて2020年1月より放送されることが決まった。速水の連続ドラマ主演は10年ぶり。

 原作は、3500万ダウンロードを突破している九瀬しきによる同名の電子コミック。速水がイケメンの“超ドM”社長役で主演を務めるほか、この社長に付きまとわれる隠れ“ドS”の女子社員役をモデル・女優の松井愛莉が演じる。その他のキャストには、田中道子、平岡祐太、入江甚儀、片山萌美らが顔をそろえる。

 天城製薬の派遣社員・佐藤唯(松井)は、愛犬を亡くした悲しみからバーで酒をあおっていた。「生き返る薬、開発しろよ〜」と泣きながらクダを巻いていると、一人の男が声をかけてくる。「死んだものは生き返らない」。その代わりに、過剰摂取すればすぐにでも犬に会える薬を教えると言う。さらに「無駄吠えは家でやっていただけませんか」と、容赦ない言葉を連射。すると唯は、仕返しに足を引っかけて男を転ばせ、「わざとでーす」と言い捨て店を出る。 その男が、自社の社長、天城恭一(速水)であることも知らずに…。

 翌日、社長室に呼び出された唯は、クビを覚悟で出頭。しかし、天城が唯に告げた言葉は「僕を奴隷にしてください」。以来、唯は意識レベルがまったく違う天城につきまとわれ始める。さげすんでもいたぶっても、天城はうっとりした表情。唯のために面前での土下座をも辞さず、自ら醜態をさらすことに快感を覚える天城。そんな社長の“ドM”気質を、唯のほかに知る者などいるはずもなく、唯の日常はことごとくかき乱されていく…。

 主演の速水は役どころについて「行き過ぎた発言や行動によっては引かれてしまいますが、ピュアであるがゆえにしつこく付きまとう姿にも、実はある過去や理由があります。そんな一面にも人としての魅力を感じました」と話している。

 一方、松井は「唯はとても感情に素直で、思っている事がはっきり言える強い女の子です。 そして社長と接するうちに唯のドSぷりがエスカレートしていく姿にも注目してほしいです」とコメントしている。

 ドラマ『この男は人生最大の過ちです』は、2020年1月より、ABCテレビにて毎週日曜23時35分、テレビ朝日にて毎週土曜26時30分放送。

関連記事(外部サイト)