橋本愛、WOWOW初主演 柚月裕子原作『パレートの誤算』ドラマ化

橋本愛、WOWOW初主演 柚月裕子原作『パレートの誤算』ドラマ化

『連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件』主演の橋本愛

女優の橋本愛が、WOWOWプライムにて2020年3月から放送される『連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件』で主演を務めることが決まった。橋本はWOWOWの連続ドラマ初主演となる。

 作家・柚月裕子の小説『パレートの誤算』(祥伝社文庫)をドラマ化する本作は、生活保護をテーマに、現代日本をむしばむ病巣を描き出す作品。橋本演じる主人公・牧野聡美は、市役所の新人嘱託職員として、本来の希望ではない福祉課で働いていたが、信頼していたベテランケースワーカー・山川が、あるアパートで焼死体で見つかったことから、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていく。

 不本意ながら嘱託という形で市役所の福祉課に務める牧野聡美(橋本)は、ある日突然、生活保護受給者と直接向き合うケースワーカーの仕事を命じられる。不安を抱く聡美をベテランの山川は「やりがいのある仕事だ」と励ましてくれた。ところが後日、その山川が、あるアパートの火災のあと他殺体で発見される。あれほど受給者から慕われていた山川がなぜ? 周囲で、山川が何らかの不正に関わっていたのではないかという疑念が膨らんでいく中、聡美は、町を覆う不正の影と生活保護をめぐるさまざまな人々の人生模様に巻き込まれていき…。

 橋本は脚本に目を通し、運命的なものを感じたという。「作品内に出てくる、働き蟻の法則及びパレートの法則についての文章を読んだ時です。私は高校生くらいのときに、自分の目で人や社会を見つめて、ある法則を見つけました。それを自分の中で、『2:8の法則』と名付けていたのです。内容にいくらかの誤差はあれど、本質的にはかなり近いものが既にこの世界には提唱されていたのだと、度肝を抜かれました」と橋本。「これは自分がやるべきものかもしれない、と吸い込まれるような気持ちでした」と意気込む。

 原作者の柚月は「登場人物たちは、生活保護を支給する側もされる側も、それぞれに複雑な事情を抱えています。その人物たちが、悩みながらも勇気をもって問題に立ち向かう姿を、ドラマを通して多くの方にご覧いただきたいです」と話す。また、主演の橋本については「主人公の牧野聡美は、ケースワーカーという仕事に最初は消極的ですが、芯が強く行動的な女性です。たおやかで凛とした佇まいの橋本愛さんが、熱い聡美をどのように演じてくださるのかとても楽しみです」と期待する。

 『連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件』は、WOWOWプライムにて2020年3月より放送。全5話。

関連記事(外部サイト)