片寄涼太、『病室で念仏を唱えないでください』出演 サトリ世代の研修医役

片寄涼太、『病室で念仏を唱えないでください』出演 サトリ世代の研修医役

金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』片寄涼太ビジュアル(C)TBS

俳優の伊藤英明が主演し、2020年1月にスタートするドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系/毎週金曜22時)に、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が出演することが発表された。TBSドラマ初出演となる片寄は、サトリ世代の研修医を演じる。

 小学館「ビッグコミック増刊号」で連載中のこやす珠世による同名漫画を実写化する本作は、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(伊藤)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う、1話完結形式の医療ヒューマンドラマ。主演の伊藤が初の僧侶役に挑むほか、伊藤と同学年にあたる中谷美紀、ムロツヨシが初共演する。

 今年の『NHK紅白歌合戦』への出場が決定したGENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルを担当する一方、俳優として、ドラマや映画など活動の場を広げている片寄。今年放送のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で演じた甲斐隼人役は大きな話題となり、今後も主演映画が控えるなど、ますますの活躍が期待されている。

 そんな片寄が演じるのは、サトリ世代の研修医・田中玲一役。代々続く医者の家系で、自身も後期研修医としてあおば台病院の救命救急に所属しているが、救えない命に諦めの気持ちを持つなど命に対してドライで、たくさんの命を救うため邁進している松本とは考え方や行動が全く真逆。サトリ世代のクールさで松本に対して何かと反発するが、関わり合う中で次第に憧れに近いものを感じていくという役どころだ。

 片寄は「田中の姿は、さまざまな方が変化や成長する過程で感じるものと重なる部分があると思っています。田中自身の成長が多くの方の共感を得られるように、心を込めて演じていけたらと思っています。そして何より、あおば台病院の一員として、最高のチームワークで作品づくりに臨めるよう、周りの方々からたくさんのことを学んで努力して参りたいと思います」とコメントした。

 なお、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」にて、片寄が主演を務めるオリジナルのストーリー『(タイトル未定)』が独占配信されることが決定。本編では描き切れない患者や家族のその後のエピソードなどを、片寄扮する田中の目線で描いていく。

 金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』はTBS系にて2020年1月より毎週金曜22時放送。

関連記事(外部サイト)