安達祐実、『死役所』松岡昌宏の妻役で登場 シ村の過去に迫る9話&最終回ゲスト発表

安達祐実、『死役所』松岡昌宏の妻役で登場 シ村の過去に迫る9話&最終回ゲスト発表

ドラマホリック!『死役所』(上段左から)第9話ゲストの柄本時生と濱田龍臣、(下段左から)第10話(最終回)ゲストの安達祐実、吹越満(C)「死役所」製作委員会

TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるドラマ『死役所』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)に、女優の安達祐実、俳優の柄本時生、濱田龍臣、吹越満がゲスト出演することが発表された。

 あずみきしの同名漫画を実写化する本作は、この世を去った者たちが最初に訪れる、あの世の「シ役所」が舞台。訪れる死者たちが、生前に過ごした壮絶な時間が次々とあぶり出されていく。

 柄本は第9話(12月11日放送)で、宗教法人「加護の会」に入信した結果、お客様としてシ役所を訪れる寺井修斗役を務める。修斗は「底辺」大学の学生で、弟に大きなコンプレックスを抱える。その心の隙に「加護の会」が入り込み、人生が変わっていくことになる。

 柄本は「死役所は漫画で読んでいたので出演が決まったときは嬉しかったです。自分の役どころはなかなか難しい所が多かったですがやれてよかったなぁと、あまり触れないような話なので見ていただける方にも何が良くて悪くて幸せで不幸せなのか考えるかなと思うのですが、一番は面白いといっていただければ嬉しいです」とコメントしている。

 濱田は同話で修斗の弟・寺井恭平役を演じる。恭平は兄とは違って優秀でしっかり者の医大生。そのことが兄のコンプレックスにつながっているとは知らず、「加護の会」に取り込まれた兄を救おうとする。濱田は「柄本時生さんの弟役ということで緊張しましたが、とても優しい方で、現場でも楽しく演技ができました」と撮影を振り返る。

 安達は、生前のシ村・市村正道の妻・市村幸子役で、第9話と第10話(最終話、12月18日放送)に登場する。幸子は市村にとって最愛の女性だが、娘・美幸の成長と共にノイローゼとなり、わらにもすがる思いで「加護の会」を訪れる。幸子について安達は「不思議な雰囲気を持っていて、でも、とても魅力的な女性です。子育てに悩む中で、常に家庭には死というものが付き纏うようになっていくのです」と話す。

 吹越は「加護の会」教祖・蓮田栄山役で第9話と第10話に登場。栄山は信者から「お父様」と呼ばれ、幸子の失踪に大きく関係する。吹越は「ボクがやらせて頂いた役は、怪しい宗教の怪しい教祖様でした。まぁ、もともとボク自身が怪しいヤツなんで、特にこれと言った役作りをせず臨んでしまいました」と語っている。

 ドラマ『死役所』はテレビ東京系にて毎週水曜24時12分放送。

関連記事(外部サイト)