田中圭、金メダルを支えたテストジャンパーに 長野五輪スキージャンプの実話を映画化

田中圭、金メダルを支えたテストジャンパーに 長野五輪スキージャンプの実話を映画化

映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』(左から)主演の田中圭とリレハンメル五輪での西方仁也選手のスキージャンプ姿 田中圭画像:(C)YOSHITOMO TAKASHIMA 西方選手画像提供:毎日新聞社

俳優の田中圭が主演を務める映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』が、2020年6月より全国公開されることが決まった。

 本作は、1998年長野五輪での日本のスキージャンプ団体金メダルを陰で支えた25人のテストジャンパーたちの秘話を、史実に基づきオリジナルストーリーで描くヒューマンドラマ。

 主人公のスキージャンパー・西方仁也は、1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で日本代表を牽引するも、エース原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓うも故障で代表落選。テストジャンパーとなって日本代表選手たちを裏方として支えた。

 物語は、西方の金メダルへの強い思い、それを打ち砕く挫折、原田との友情、そして怒りと嫉妬、それでも仲間のため、日本のために命の危険を顧みずテストジャンプに挑む、深い人間ドラマを映し出す。また、長野五輪での手に汗握る団体戦の攻防や、吹雪による競技中断、そんな中、競技が再開できるかを図るために行われた、西方率いる25人のテストジャンパーたちによる決死のテストジャンプがダイナミックに描かれる。

 田中は西方役を務め、その揺れ動く内面や葛藤を演じきる。監督は『荒川アンダーザブリッジ』で注目を集めた映像作家・飯塚健。

 田中は「冬は寒いので苦手なのですが、この作品のおかげでワクワクしています。雪山も楽しみです。 みなさんが知っている話の中に、みなさんが知らない人間ドラマが沢山ありました。力をもらえる脚本ですし、撮影が楽しみです」と意気込んでいる。

 西方氏は「1998年の長野オリンピックで日本が団体戦(チームジャンプ)で金メダルを取ることができた事が映画化されることで、金メダルを取れた選手とテストジャンパー達の気持ちが一つになって獲得できたという事実が、伝えられたらいいと思います」とした上、「テストジャンパーは皆、オリンピックを目指していましたが、出ることができなかった選手の集まりです。初日から日を増すごとに日本人の活躍を応援する気持ちが強くなってきて、団体戦当日の悪天候の時には皆が一つになって日本の為に何とかしたいと言う気持ちになっていました」と当時を振り返るコメントを寄せている。

 映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』は2020年6月より全国公開。

関連記事(外部サイト)