シャーリーズ・セロン×ニコール・キッドマン×マーゴット・ロビーの実話スキャンダル映画、公開決定

シャーリーズ・セロン×ニコール・キッドマン×マーゴット・ロビーの実話スキャンダル映画、公開決定

映画『スキャンダル』ポスタービジュアル(C)Lions Gate Entertainment Inc.

オスカー女優のシャーリーズ・セロンとニコール・キッドマン、さらにオスカーノミネート女優マーゴット・ロビーのハリウッド3大女優が共演する映画『BOMBSHELL(原題)』が、邦題を『スキャンダル』として2020年2月21日より全国公開されることが決定。併せてポスタービジュアルが解禁された。

 本作で描かれるのは、米国で視聴率ナンバー1を誇るテレビ局「FOXニュース」で2016年に起きた実話スキャンダルの裏側。脚本を『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でアカデミー賞脚色賞受賞したチャールズ・ランドルフ、監督を伝記映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のジェイ・ローチが務める。

 FOXニュースの元人気キャスター、グレッチェン・カールソン(ニコール)が、テレビ界の帝王として君臨していたCEOのロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)を相手取り提訴。そのスキャンダラスなニュースに、メディア界に激震が走る。騒然とするFOXニュース社内で、看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリー(シャーリーズ)は、上り詰めるまでの自身の過程を振り返り、心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシル(マーゴット)は、ロジャーと対面する機会を得ていた…。

 物語の中心人物となるキャスターをそれぞれ演じるシャーリーズ、ニコール、マーゴットの3人が横並びとなったポスターは、互いを意識しつつもそれぞれ不穏な表情を浮かべているような、本作の世界観を表現したビジュアルに仕上がった。

 早くもアメリカでは本年度アカデミー賞最有力の声があがる本作。実在の人物を演じたシャーリーズとニコールの、本人たちに瓜二つの見事な変ぼうぶりも話題となっている。シャーリーズの特殊メイクは、映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当し、第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人として初めて受賞した辻一弘氏が担当。辻氏が賞レースを再びにぎわせるかにも注目が集まる。

 映画『スキャンダル』は2020年2月21日より全国公開。

関連記事(外部サイト)