アニメ『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』バカしかいない場面写真解禁

アニメ『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』バカしかいない場面写真解禁

アニメ『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』場面写真(C)麻生周一/集英社・PK学園R

Netflixオリジナルアニメ『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』より、斉木と濃すぎる仲間たちが写る編場面写真が解禁された。

 本作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された、麻生周一による累計発行部数600万部超えのコミック『斉木楠雄のΨ難』のアニメ最新作。生まれつき超能力を持つ高校生・斉木楠雄の日常を描く超能力(サイキック)コメディ。テレビアニメは3シーズンが放送されており、山崎賢人主演で実写映画化もされている。

 高校生・斉木楠雄はさまざまな能力を自在に扱うことができる超能力者だが、人前では超能力を封印し、目立たず人と関わらずをモットーにひっそり暮らしていた。しかし何故だか彼の周りには、いつも個性的な人間(生き物)が集まり、次から次へと嵐のように災難が降りかかる…。

 場面写真には、おなじみとなった斉木の仲間たちが登場。斉木を「相棒」と呼び慕うミステリアスバカな燃堂力をはじめ、深刻な中?病をわずらう海藤瞬、出会った男性を必ず「おっふ!?」させる完璧美少女・照橋心美、見た目はメガネの真面目君だが元ヤンキーの窪谷須亜蓮など、おなじみのおバカキャラたちは健在だ。

 今作では、優秀だがスケベ顔ゆえに変態と勘違いされる教師・井口工や、壮絶な運のなさで様々な事故に巻き込まれるが“単なるドジ”が原因としか思っていない不運少女・鈴宮陽衣といった新キャラクターも登場し、斉木の日常はますます平和とかけ離れていく。さらに、原作者・麻生によるギャグマンガ『ぼくのわたしの勇者学』とのコラボレーションも決定。『ぼくのわたしの勇者学』は初の映像化となり、ファンにとって嬉しいコラボとなる。

 Netflixオリジナルアニメ『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』は12月30日より全世界独占配信。

関連記事(外部サイト)