パリ郊外、緊迫の犯罪多発地区をリアルに映し出すカンヌ受賞作『レ・ミゼラブル』公開

パリ郊外、緊迫の犯罪多発地区をリアルに映し出すカンヌ受賞作『レ・ミゼラブル』公開

映画『レ・ミゼラブル』場面写真(C)RECTANGLE PRODUCTIONS

本年度の第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝き、「コンペ最大のショック!」とセンセーションを巻き起こしたフランス映画『Les Miserables(原題)』が、邦題を『レ・ミゼラブル』として2020年2月28日より全国公開されることが決定。併せて場面写真が公開された。

 本作の舞台は、ヴィクトル・ユーゴーの傑作『レ・ミゼラブル』で知られ、現在では犯罪多発地区の一部となっているパリ郊外のモンフェルメイユ。犯罪防止班に配属された新人警官・ステファンと同僚たちが、ある少年が引き起こした些細な事件をきっかけにやがて取り返しのつかない事態へと陥っていく様を緊張感あふれる描写で描く。第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞のほか、各国の映画祭でも数々の賞を獲得し、第92回アカデミー賞国際長編映画賞ではフランス代表にも選出されている。

 監督・脚本を務めるのは、舞台となるモンフェルメイユで生まれ育ち、現在もその地に暮らす、新鋭ラジ・リ。長年Webドキュメンタリーを手掛け、本作が初長編監督作品ながら、自身がこの街で体験してきた出来事を圧倒的な緊迫感とスタイリッシュな映像で見事に描き切った。映画『ブラック・クランズマン』で第91回アカデミー賞脚色賞を獲得したスパイク・リー監督もその才能を認め、アメリカにおけるプロモーションのサポートを買って出るほどだ。

 本国フランスでは11月20日に公開され、初日動員数7万人超えで映画『アナと雪の女王2』に次ぐ週末ランキング第2位のスタートを切った。また、フランスのマクロン大統領も本作を鑑賞。自国が抱える問題をリアルに描いた内容に反応し、政府に「映画の舞台となった地域の生活条件を改善するためのアイデアを直ちに見つけて行動を起こす」よう求めたという。

 映画『レ・ミゼラブル』は2020年2月28日より全国公開。

関連記事(外部サイト)