福原遥、杉野遥亮から芝居を絶賛され「本当にうれしい」と満面の笑み

福原遥、杉野遥亮から芝居を絶賛され「本当にうれしい」と満面の笑み

映画『羊とオオカミの恋と殺人』初日舞台挨拶に登場した福原遥 クランクイン!

女優の福原遥が29日、都内で行われた映画『羊とオオカミの恋と殺人』初日舞台挨拶に出席。福原と共にダブル主演を務める杉野遥亮から「絶対的な信頼を置いていました」と絶賛された福原は「うれしいです」と満面の笑みを浮かべて喜びをかみしめていた。舞台挨拶には、江野沢愛美、朝倉加葉子監督も登壇した。

 本作は、人気漫画アプリ「マンガボックス」で1000万ダウンロードを記録した『穴殺人』を実写映画化。大学受験に失敗し、自殺を図ったものの未遂に終わった黒須くん(杉野)が、偶然見かけた隣に住む美人で清楚な大学生・宮市さん(福原)に恋するが、彼女の本性は連続殺人鬼だった…という物語。
 
 以前にも共演経験がある福原と杉野。現場では作品についての深い話もでき、コミュニケーションは万全だったようだが、見た目は可憐なのに、その実はエキセントリックな殺人鬼という難役に挑む福原に対して「絶対的な信頼を置いていました」と杉野は撮影を振り返る。続けて「ふと涙を流すシーンもそうですが、遥ちゃんの目を見て芝居をしていれば、絶対的に正解なんだろうなと思っていた」と最大級の賛辞を送る。
 
 そんな杉野の発言に「本当にうれしいです」と満面の笑みを浮かべていた福原は「私自身、いままでやったことがないような役をやりたいと思っていたので、殺人鬼という役の話をいただけたときには、すごくうれしかった。役柄的に理解ができない部分は不安だったのですが、楽しみが勝っていました」と意欲的に撮影に臨んだことを明かす。
 
 また、本作は殺人鬼と自殺志願の男性との恋がポップに描かれるという、奇想天外なストーリーが展開する。そんな作品にちなみ「信じられないですが、私〇〇です」というテーマのトークコーナーも開催。杉野が「こう見えても僕はがさつなんです。お風呂から上がってもパンツ履かずにウロウロしたり、脱いだものを脱ぎっぱなしだったり」と発言すると、ファンからは大きな歓声が上がる。
 
 さらに同じ質問をされた福原が「私はこう見えても足が速いんです」と発言すると、会場は杉野以上の盛り上がりに。杉野から「走るとき手と足が一緒に出そうだよね」と突っ込まれていた福原だったが「学生のときリレーの選手だったんですよ」と知られざる一面を披露していた。

関連記事(外部サイト)