『死役所』壮絶な復しゅう劇からの感動展開に「大号泣」の声

『死役所』壮絶な復しゅう劇からの感動展開に「大号泣」の声

ドラマホリック!『死役所』第7話場面写真(C)「死役所」製作委員会

TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるドラマ『死役所』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)の第7話が27日に放送され、俳優のでんでん扮するシ役所・他殺課のイシ間の壮絶な過去と、彼に救いがもたらされる展開に、ネット上には「胸が苦しい」「大号泣」といった声が寄せられた。

 シ村(松岡)が高齢の女性の案内しているころ、他殺課のイシ間(でんでん)は姪のミチ(田鍋梨々花)を思い出していた。生前、亡くなった弟夫婦に代わり、独り身のイシ間がミチを実の娘のようにかわいがっていた。ある日、2人が暮らす家の畑に、若い兄弟がイモを盗みにやってくる。それを発見したイシ間は叱りつけるが、ミチは貧しそうな風態の兄弟を気遣い、大根を差し出しそのまま帰してやるのだった。

 しかしある日、仕事を終えたイシ間が家へ帰ると、そこにミチの姿がない。イシ間がくわを持って外へ飛び出すと、ミチは大根を受け取った兄弟から暴行を加えられていた。逆上したイシ間は、ミチを傷つけた兄弟をくわで殺害する。この悲惨な展開に、ネット上には「胸が苦しい」「今回もつらい回だ…」といった声が寄せられた。

 イシ間の壮絶な過去を聞いたシ村は、彼を老衰課へと案内する。老衰課に連れて行かれたイシ間が、シ村に「しかし、なんでこんなところに?」と尋ねると、イシ間の背後から「オジちゃん!」と呼ぶ声が聞こえる。そこには、老いて白髪になったものの事件の前のような快活な笑顔を浮かべるミチの姿があった。この展開にネット上には「マジかよっ」「救いがあった…」などのコメントが殺到。シ村は、冒頭で案内していた高齢の女性がミチであったことを明かすと、さらに彼女が結婚をして子どもを産み、最期は家族や孫に見送られながら天寿を全うしたこと説明する。この感動的な展開にネット上には「あ〜〜無理!!泣く」「大号泣」といったコメントが相次いだ。

関連記事(外部サイト)