『時効警察はじめました』檀れい、セーラー服&アイドル姿にネット反響「エモい」

『時効警察はじめました』檀れい、セーラー服&アイドル姿にネット反響「エモい」

檀れい クランクイン!

オダギリジョーが主演を務めるドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第7話が11月29日に放送。ゲスト出演の檀れい演じるメガネ屋の社長・桃瀬多恵子の回想シーンでのセーラー服姿が、「檀れいのセーラー服姿が観られるのは時効警察だけ!」「檀れいにセーラー服着させるスタッフGJ」などと反響を呼んでいる。

 霧山(オダギリ)は、25年前にライブハウスの楽屋で“人気メガネ歌手”蝙蝠ユキオ(前野健太)が謎の平行四辺形の傷を残して殺された時効事件について捜査することになった。蝙蝠の妻・多恵子(檀)は、今大流行中の“開運メガネ”なる商品を売る女社長で、“開運パッカーン”のCMでもおなじみだ。

 霧山はダーツバーで多恵子から当時の話を聞くことに。霧山に夫との出会いについて聞かれた多恵子は、セーラー服に三つ編みだったころの事を思い出していた。「いつしか私たちは恋に落ちた」「そしてメガネを重ねたの…」と当時を回想する。そして多恵子は、「あなたともメガネを重ねてもいいのよ」「霧山さんが幸運をもたらしてくれたのかもね」などと艶っぽく霧山に迫るのだが…。

 視聴者からの反響が大きかったのが、多恵子のセーラー服に三つ編み姿やウェディングドレス姿、メガネアイドル時代の姿などについて。

 本作では今までも小雪や中山美穂など、回想シーンは本人が演じることがお決まりになっている。今回檀れいはセーラー服姿だけでなく、ウェディングドレス姿で指輪交換ならぬ“メガネ交換”するシーンや、かつて“メガネアイドル”だったというシーンでは一昔前のアイドル風のフリフリ衣装姿を披露した。

 この檀れいの貴重な姿についてSNS上では、「檀れいのセーラー服姿が観られるのは時効警察だけ!」「檀れいさんのセーラー服姿可愛すぎない?」「檀れいにセーラー服着させるスタッフGJ」「ちょっと!檀れいに何させてるの」「檀れいのセーラー服とアイドル姿もエモいけどメガネウェディングのドレス姿がめっちゃ可愛い」「檀れいさんとメガネを重ねたいでっす」などと盛り上がりを見せている。

関連記事(外部サイト)