ピエロ、呪われたホテルの次は…お墓! キング史上最恐『ペット・セメタリー』に迫る特別映像

ピエロ、呪われたホテルの次は…お墓! キング史上最恐『ペット・セメタリー』に迫る特別映像

映画『ペット・セメタリー』メインカット(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』など、近年原作が相次いで映画化されているスティーヴン・キング作品の中でも、史上最恐と謳われる小説を原作にした映画『ペット・セメタリー』。このたび不気味な本編映像と共に、監督やキャストが本作で描かれる“恐怖”を語る姿を収めた特別映像が解禁された。

 娘を亡くした父親が、悲しみのあまり犯した“禁忌”の代償がもたらす恐怖を描く本作。

 原作は、ベストセラー作家のキングが自身の原体験からインスパイアされ1983年に執筆。キング自身が作品の舞台となった道路側に家族と住んでいたこと、当時住んでいた家の裏に死んだペットのお墓である“ペット・セメタリー”があったこと、自身の娘が飼っていた猫が交通事故にあったことなど、ストーリーとプライベートが重なるあまりにも私的な内容であるため、キングが出版を見送っていた問題作だ。1989年にはキング自らの脚本により映画化され、“最高のスティーヴン・キング映画の1つ”とも評された。

 そんないわくつきの作品を、今回は新設定で再映画化。父親ルイスを映画『猿の惑星:新世紀』のジェイソン・クラーク、その妻を『エイリアン:コヴェナント』のエイミー・サイメッツが務め、娘エリー役にジェテ・ローレンス、一家の隣人ジャド役で『インターステラー』のジョン・リスゴーが出演する。

 今回解禁された特別映像は、監督のデニス・ウィドマイヤーとケヴィン・コルシェ、主演のジェイソン、ジャド役のジョンのコメント映像を、不気味な本編映像を挟み込みながら収めたもの。ウィドマイヤー監督は「最恐の映画を作るなら、スティーヴン・キング作品で決まりだ」と断言。コルシェ監督も「原作『ペット・セマタリー』はキング史上最恐だ」と続ける。

 ルイス役のジェイソンは、愛する娘の死を受け入れられない父の悲しみによってストーリーが進んでいく本作について「“本当の恐怖とは何か”を教えてくれる作品だ」とコメント。隣人ジャド役のジョンは「かけがえのない人を失うこともある。もし取り戻せるとしたら? 観客を恐怖の渦へ巻き込む」と神妙な面持ちで語っている。

 本作では、ジャドがルイスに「気持ちは分かるが…アレは別の生き物だ。時には死の方がいい」と語る場面がある。キングは原作について「“時には死の方がいい”という謳い文句は、決して自殺について語っているわけではないんだ。この本は、重い病気や、あきらめられない想いを経験したことがある人なら理解できると思う。生きていれば親や祖父母の死を経験するわけだから、ある意味全ての人が共感できる内容なんじゃないかな」とコメント。誰もが避けられない死を題材にしているので共感を生むと同時に、本当の恐怖を味わうことができる作品であると語っている。

 映画『ペット・セメタリー』は2020年1月17日より全国公開。

関連記事(外部サイト)