『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』4.10公開 悪役ラミ・マレック登場の予告解禁

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』4.10公開 悪役ラミ・マレック登場の予告解禁

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・グレイグ場面写真

俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の日本公開日が2020年4月10日に決定。併せて本作初となる予告編が世界同時解禁された。

 本作は、『007 スペクター』以来5年ぶりのシリーズ最新作で、ダニエルがボンド役を演じるのはこれで5作目。『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜てきされたことも話題を集めている。製作陣にはシリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。監督は新たに日系のキャリー・フクナガが務める。

 ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘拐された科学者を救出するという任務は想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが―。

 予告映像には、ラミ・マレック演じるシリーズ史上一番“ヤバい”敵の姿が登場。口元だけあらわになった不気味なマスクをかぶってボンドとにらみ合う、新生ヴィランのキャラクターを想像させる一幕も。

 さらに、シリーズ1作目『007 ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住した美しいジャマイカをはじめ、世界各国での壮大なロケ撮影や、ダニエル版ボンドに欠かせない体を張った大迫力のアクションなども映し出されている。

 一方、ラシャーナ・リンチが演じる2年前から殺しのライセンスを持つ、00(ダブルオー)のコードネームの女性エージェントが新たに登場し、期待が高まる予告編に仕上がっている。

 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年4月10日より全国公開。

関連記事(外部サイト)