ダコタ・ファニング&エル・ファニング、新作映画で“初”の姉妹共演!

ダコタ・ファニング&エル・ファニング、新作映画で“初”の姉妹共演!

ダコタ・ファニング&エル・ファニング、新作映画で初の姉妹共演か(C)AFLO

子役からハリウッドの人気女優に成長した姉妹のダコタ・ファニングとエル・ファニングが、映画『イングロリアス・バスターズ』の女優メラニー・ロランがメガホンをとる新作『The Nightingale(原題)』で本当の意味での“初”共演を果たすという。

 子役として先にブレイクしたダコタと、姉を追うように女優として開花したエル。これまで映画『I am Sam アイ・アム・サム』でダコタが演じる役の幼少期をエルが演じるなど、同じ作品に出演することはあっても共演シーンはなかった。

 ダコタとエルは声明の中で、「『The Nightingale(ザ・ナイチンゲール)』は私たちが共演する初めての作品になります。これまで様々な年齢で同じ役を演じてきましたが、カメラの前で互いに台詞を言うことは一度もありませんでした。私たちは何年も一緒にできる作品を探してきましたが、やっとこの“宝”が現れました」と、コメントしている。またエルは、過去にメラニーがメガホンをとった2018年作『ガルヴェストン』で主演を務めている。

 本作は、『The Nightingale(原題)』は米作家クリスティン・ハナのベストセラー小説の映画化で、原作は日本でも『ナイチンゲール』のタイトルで出版されている。第二次世界大戦が勃発したフランスが舞台となり、性格も置かれた状況も異なる姉のヴィアンヌと妹のイザベルが、ナチス・ドイツ軍に占領されたフランスで懸命に生き抜こうとするさまを描く。“ナイチンゲール”はレジスタンス組織に加わったイザベルの暗号名だ。

 映画版の脚本は映画『セイフ ヘイヴン』のダナ・スティーヴンスが執筆する。来春から制作が始まる予定とのことだ。

関連記事(外部サイト)