高杉真宙&上地雄輔ら個性派サラリーマン集結『前田建設ファンタジー営業部』キャラ写真

高杉真宙&上地雄輔ら個性派サラリーマン集結『前田建設ファンタジー営業部』キャラ写真

映画『前田建設ファンタジー営業部』キャスト陣キャラクタービジュアル(C) 前田建設工業株式会社/ Team  (C)ダイナミック 企画・東映アニメーション

俳優の高杉真宙が主演を務め、無謀なプロジェクトに挑むサラリーマンたちの熱い戦いを描く映画『前田建設ファンタジー営業部』より、キャスト陣の劇中姿を写し出した場面写真が解禁された。

 本作は、アニメやゲームなどファンタジー世界の建造物を“実際に作ったらどうなるか”を、大手ゼネコンの前田建設工業が真面目に検証したウェブ連載『前田建設ファンタジー営業部』を実写映画化。ダム、トンネルなど数々の大プロジェクトに携わってきた、前田建設工業の“ファンタジー営業部”の社員たちと、彼らを支えた技術者たちが、試行錯誤と七転八倒を繰り返しながら、無謀なプロジェクトに取り組む姿を描く。

 主演の高杉のほか、上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、小木博明(おぎやはぎ)、町田啓太(劇団EXILE)、六角精児が出演。映画『賭ケグルイ』『あさひなぐ』の英勉がメガホンをとり、劇団「ヨーロッパ企画」代表でアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』などを手掛けた上田誠が脚本を担当する。

 「うちの技術で、マジンガーZの格納庫を作っちゃおう!」と上司のアサガワ(小木)にムチャ振りされた広報グループのドイ(高杉)たち。ミッションは、“実際には作らない”が、設計図を出し、工期を立て、見積書を完成させ、実物を作るのと全く同じように取り組むこと。これは、日本の技術の底力を駆使したプロジェクト。現実世界の常識では到底理解できない、アニメ世界の途方も無い設定や、あいまいで辻褄の合わない設定に翻弄されながらも、彼らは無謀なプロジェクトに立ち向かっていく。

 解禁されたキャラクタービジュアルには、冷静な若手社員ドイ(高杉)、優柔不断な先輩ベッショ(上地)、やる気のない部員エモト(岸井)、アニメ好き部員チカダ(本多)、熱血な上司アサガワ(小木)をはじめ、「ファンタジー営業部」を専門知識でサポートする掘削オタクのヤマダ(町田)、豊富な知識で無理難題の突破口を切り開くベテラン社員フワ(六角)という7人の個性派サラリーマンが写し出され、テンション高めの熱い彼らの活躍が垣間見えるものとなっている。

 映画『前田建設ファンタジー営業部』は2020年1月31日より全国公開。

関連記事(外部サイト)