成田凌、1月期新ドラマで浜辺美波に転がされる空回り刑事に

成田凌、1月期新ドラマで浜辺美波に転がされる空回り刑事に

土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』渡海雄馬役を演じる成田凌ビジュアル(C)テレビ朝日

女優の浜辺美波が主演を務める2020年2月1日スタートのドラマ『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の追加キャストとして、俳優の成田凌の出演が発表された。見た目はクールなのに空回りしがちな刑事役を演じる。成田はテレビ朝日のドラマには初出演。

 本作は、「2019本格ミステリ・ベスト10」1位に輝いた大山誠一郎の同名小説をドラマ化。祖父の跡を継いで時計店を営む主人公・時乃が、“時計店で働く者こそ、時間にまつわるアリバイ崩しに適任”という信念で、時計修理と並行して事件の真相を解明する本格謎解きミステリーだ。浜辺が主人公・時乃を演じるほか、安田顕が時乃にアリバイ崩しを依頼する警察キャリア・察時美幸役で共演する。

 成田が演じるのは、那野県警察本部刑事部捜査一課の刑事・渡海雄馬。いつもスタイリッシュなスーツでビシッと決めている“見た目だけは”クールな刑事で、時乃(浜辺)にほのかな恋心を抱いているのか、やたらと様子をうかがいに時計店に現れがち。とはいえ、どうやらモテるらしく、いろいろな女性とのデート現場も目撃されるなど、ちょっとやんちゃな一面も。

 父親が国会議員ということで同僚や上司からも忖度される渡海は、突然現れた警察キャリア・察時(安田)から偉そうに指示されることに反発。察時が左遷されてきた真相を突き止め、小バカにする。さらに、察時が時乃の家に下宿していることを知り、嫉妬心がメラメラ!? 察時より先にアリバイを崩して事件を解決しようとムキになって奮闘することになる。

 これまでの出演作では女性をもてあそぶモテ男役の印象が強い成田が、本作では一転、見た目はクールでモテるけれど、片思いの相手・時乃には相手にされず、手のひらで転がされてしまう、ちょっと空回り気味な刑事役に挑む。

 成田は「僕が演じる渡海雄馬は原作にはない役柄なんですが、台本を読んで、できるだけ“なんてことない人間”“何者でもない人間”として、作品の中に存在できたらいいなと思っています」と話す。初共演となる浜辺と安田については「いろいろな作品で、いろいろな役を演じられているお二人、“どういうお芝居をされるんだろう”“今回はどうなるんだろう”と本当に楽しみです」と心境を明かしている。

 土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』は、テレビ朝日系にて2020年2月1日より毎週土曜23時15分放送。

関連記事(外部サイト)