倖田來未、美脚あらわのドレス姿 ファン絶賛「美脚過ぎる」

倖田來未、美脚あらわのドレス姿 ファン絶賛「美脚過ぎる」

 ※「倖田來未」インスタグラム

歌手の倖田來未が5日、自身のインスタグラムを更新し、『2019 FNS歌謡祭』(フジテレビ系/第2夜は11日19時)のオフショットを公開した。細く美しい脚があらわになったドレス姿に、ファンから「足細長」「美脚過ぎる」「スタイル良すぎ」といった反響が寄せられている。

 倖田は4日放送の『2019 FNS歌謡祭』第1夜に出演し、郷ひろみと「GOLDFINGER '99」、声優の蒼井翔太とは自身の楽曲「愛のうた」をデュエットで披露し、番組を盛り上げた。

 そんな倖田はインスタグラム上に「本番前は、毎回毎回めちゃめちゃ緊張してます。裏側でこんな感じでいます」とつづり、同番組オフショットを投稿している。マネージャーが撮影したというオフショットでは、2曲の歌唱で披露した2パターンの衣装姿を披露している。1、2枚目はワンショルダーのセクシーなドレス姿で、ミニスカートからは細く長い脚があらわになっている。3、4枚目で披露したロングドレスは、地肌が透けるシースルーが色っぽく、大人の雰囲気を醸し出している。

 ファンからは、ドレス姿への「足細長」「かわいーーーー!」「女神すぎてうっとり」「美しすぎる」といった反響が寄せられたほか、「FNS歌謡祭最高やったよー!!!」「コラボ凄く良かったです」と番組への感想も書き込まれている。

引用:「倖田來未」インスタグラム(@kodakumi_official)

関連記事(外部サイト)