『スカーレット』戸田恵梨香&松下洸平 「映画『ゴースト』みたい」と話題に

『スカーレット』戸田恵梨香&松下洸平 「映画『ゴースト』みたい」と話題に

『スカーレット』第59回より(C)NHK

戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第10週「好きという気持ち」(第59回)が6日に放送され、八郎(松下洸平)が喜美子(戸田恵梨香)に土のこね方を教えるシーンに、ネット上には「キュンキュンすぎる」「ゴーストやん!」などの声が集まった。

 始業前と後の2時間に八郎の作陶を見学するのが日課となった喜美子。ある日、喜美子が八郎の真剣な表情をじっとのぞき込んでいると、彼は「川原さんもやってみます?」とつぶやく。喜美子がためらっていると、八郎は「何年もそこでじーっと見られてたらかなわんさかい、川原さんも自分でどんどんやってみてください」と土をこねる準備をする。

 八郎は、喜美子の目の前に土の塊を置くと、自分の目の前の土の塊に触れながら「まずは粗練りからや」と一言。すると八郎は力を込めて土をこね始める。「僕と同じにやってみて」と言われた喜美子は、八郎の教えに従って目の前の土をこねるが、なかなかうまく土を扱えない。すると八郎は喜美子の背後に周り「こっちの足引いて」と指示。さらに上半身を重ねるようにしながら「体を上にあげて、上から下に押す」とコツを伝授。さらに八郎は「土が広がってきたら畳むんや」と話すと、喜美子の手をとって、土の畳み方を丁寧に教える。

 八郎が喜美子に土のこね方を手取り足取り教えるシーンに、ネット上には「見てると、ドキドキニヤニヤしちゃう〜」「八郎の陶芸教室キュンキュンすぎる」といった声がネット上に相次ぎ、さらに「八郎さんの陶芸教室はどこにありますか?」「あ〜!土をこねたい!」などのコメントも殺到。また2人が体を密着させて陶芸をする姿に、1990年のアメリカ映画『ゴースト/ニューヨークの幻』を連想する人も多く、ネット上には「ゴーストやん!」「ゴーストを思い出したのは私だけだろうか」といった投稿も多数寄せられていた。

関連記事(外部サイト)