ゆりやんレトリィバァがヒロイン! 老若男女が踊りまくるミュージカルドラマ放送決定

ゆりやんレトリィバァがヒロイン! 老若男女が踊りまくるミュージカルドラマ放送決定

ドラマ『ハゲしわしわときどき恋』キャスト陣ビジュアル(C)テレビ朝日

お笑い芸人のゆりやんレトリィバァが、2020年1月2日に放送されるミュージカルドラマ『ハゲしわしわときどき恋』(テレビ朝日/2020年1月2日23時40分)で主演を務めることが決まった。ドラマ初主演となるゆりやんがヒロイン役に挑戦する。

 本作は“恋をしたら、女子高校生だって、おばあちゃんだって、誰だってピュアになる”をテーマに描く、完全オリジナルのミュージカルドラマ。“高校最後の恋”と“人生最後の恋”が大胆に交錯するラブストーリーが展開される。ダンスシーンは、ほぼ“ワンカット長回し”で撮影されており、まるで生のステージを見ているかのような臨場感たっぷりの映像に仕上がった。ヒロイン・マチコを演じるゆりやんも、得意の歌唱力やキレキレのダンスを披露する。

 ゆりやんのほか、劇団EXILEの佐藤寛太、加藤諒、島崎遥香が出演。さらにマチコの71歳の姿を草村礼子が、佐藤演じる海野の71歳の姿を斉木しげるが、加藤が演じる71歳の紅葉の姿を春海四方が演じる。脚本は劇団ヨーロッパ企画主宰の上田誠が担当し、演出を山岸聖太が務める。

 夫に先立たれ、ケアハウス暮らしの主人公・マチコは、71歳にして高校時代の初恋の相手と再会する。しかし、身体は思うようには動かないし、顔はシワシワだし、長いこと女子をサボってたし、いろいろうまくいかないことばかり。50年の時を超え、舞い戻ってきたマチコの初恋はいったいどうなるのか…!?

 ゆりやんは「ダンスはもともと大好きだったので、練習も楽しくてダンスシーンの撮影が終わるのがさみしかったぐらいです」と振り返り、「一生を捧げられるような恋って、スゴイなと思います。シンプルに笑って楽しんでもらえる作品やと思いますし、ミュージカルシーンも本当に面白いので、ぜひ“落ち着いて見てやー!”」とコメントした。

 一方佐藤は「恋って生きる原動力なんだなと改めて感じさせてくれる作品。ノーストレスで楽しめる、心に響くドラマです!」とアピールした。

 ミュージカルドラマ『ハゲしわしわときどき恋』はテレビ朝日にて2020年1月2日23時40分放送。

関連記事(外部サイト)