ハリソン・フォード、ドキュメンタリーのドラマ化で初のドラマ主演か

ハリソン・フォード、ドキュメンタリーのドラマ化で初のドラマ主演か

映画界の大御所ハリソン・フォード、テレビドラマに出演か(C)AFLO

映画『ブレードランナー』シリーズや『スター・ウォーズ』シリーズの俳優ハリソン・フォードが、犯罪ドキュメンタリー『ザ・ステアケース 〜階段で何が起きたのか〜』シリーズのドラマ化で主演するとVarietyが報じた。

 ネットフリックス・オリジナルシリーズの『ザ・ステアケース 〜階段で何が起きたのか〜』は、2001年に妻殺害を疑われた米作家マイケル・ピーターソンの裁判を追う。

 ピーターソンが妻は階段から落ちて死んだと事故死を主張したのに対し、検察側は事故に見せかけた殺人としてピーターソンを起訴した。ジャン・グザヴィエ・ド・レストラード監督の2004年のドキュメンタリーをベースに、新たな情報を加えた13話構成のドキュメンタリーシリーズとして、ネットフリックスでリリースされた。

 そのドラマ化で、ハリソンは主演と共に製作総指揮を務めるという。映画『マーサ、あるいはマーシー・メイ』の製作を務めるアントニオ・カンポスが、脚本と製作総指揮を兼任するとのことだ。アンナプルナ・テレビジョンが製作する。

 ハリソンは1977年作の『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役でブレイクして以来、映画界でスター街道を歩いているが、キャリア初期には『ガンスモーク』や『FBI』などのテレビドラマに端役で出演していた。IMDbの作品歴によると、テレビドラマ出演は1992〜1993年に放送された『インディ・ジョーンズ/若き日の冒険』以来になるようだ。

関連記事(外部サイト)