今夜の『抱かれたい12人の女たち』奈緒がオタク女子に 優しいマスターに惚れて…

今夜の『抱かれたい12人の女たち』奈緒がオタク女子に 優しいマスターに惚れて…

ドラマ『抱かれたい12人の女たち』第10話場面写真(C)「抱かれたい12人の女たち」製作委員会

俳優の山本耕史が主演を務める即興恋愛ドラマ『抱かれたい12人の女たち』(テレビ大阪ほか/毎週土曜25時26分ほか)第10話が今夜放送される。第10話では、女優の奈緒が漫画家志望のオタク女子の役で来店。マスター山本に純粋に惚れて素直に迫りまくる。

 本作は山本がバーのマスターに扮し、毎回登場する個性派女優が山本を本気で口説いてオトす、台本なしの即興劇。今まで女優の高橋メアリージュン、元乃木坂46の若月佑美、MEGUMI、筧美和子、中村ゆかり、松本まりか、岡本玲、三浦理恵子、佐藤江梨子が出演し、バーを舞台に山本と大人な恋愛を繰り広げた。

 都内某所にある隠れ家的バー「Y’zoo」に、おどおどしながらオタク風の女が入ってきた。実は彼女、漫画家を目指す女子。処女作である「刀筆乱舞(とうぺんらんぶ)」の完成に向けて執筆している最中。しかし、主人公をどう描けば良いのか悩んでいたという。そんなとき、ネットでたまたま主人公にそっくりなマスターを発見し、今回来店したのだった。

 無理を承知でマスターにさまざまな動きや表情をリクエストし、チェキで何度も撮影する彼女。マスターもリクエストに応じ、決め台詞まで披露し始める。何でも相談に乗ってくれて、優しい言葉を掛けてくれるマスターに、彼女は次第に心を許し純粋に惚れ始める。

 目の前の男に惚れる素直な気持ちで迫ってくる女子に、マスターはどう返すのか…。

 「うまく口説けたのか、あの後本当にちゃんと抱いてもらえたのか考えると、50%50%くらい」と振り返る奈緒。「嬉しかったのは“この漫画のヒロインは奈緒ちゃんじゃないですか?”って言われた時です。ズキュン!て来ました。独りよがりじゃなくて『あっ、今夜抱いてくれませんか?』って言えるし、言いたい!って思いました」と語り、「私の回はとてもハッピーな回になったと思いますので、楽しんで見ていただけたら嬉しいです」とコメントした。

 即興恋愛ドラマ『抱かれたい12人の女たち』第10話は、テレビ大阪にて本日12月7日25時26分放送。

関連記事(外部サイト)