三浦貴大、自身の“究極の写真愛”明かすも自虐「変態みたいですね」

三浦貴大、自身の“究極の写真愛”明かすも自虐「変態みたいですね」

映画『ゴーストマスター』公開記念舞台挨拶に登壇した(左から)成海璃子、三浦貴大、板垣瑞生 クランクイン!

俳優の三浦貴大が7日、都内で行われた映画『ゴーストマスター』公開記念舞台挨拶に出席。人の顔が好きだという三浦が、写真に残した人物の顔を見つめることが好きという嗜好を明かした。

 本作は悪霊によって地獄絵図と化した青春恋愛映画の撮影現場を舞台に描くホラーコメディ。三浦演じるB級ホラーを愛する気弱な映画オタク・黒沢明を主人公に、過酷すぎる撮影現場で鬱積した黒沢の不満と怨念のような映画愛が、彼の書いた脚本「ゴーストマスター」に悪霊を宿し、撮影現場を血の海に変えていく。

 イベントには三浦のほか、共演の成海璃子、板垣瑞生、永尾まりや、原嶋元久、寺中寿之、川瀬陽太、柴本幸、森下能幸、手塚とおるとヤング ポール監督が出席した。

 撮影で印象に残った出来事を聞かれた川瀬が、ポール監督が撮影初日に倒れたことを暴露。すると三浦が「のんきに僕は喫煙所でタバコを吸っていたんですけど、プロデューサーが飛んできて『監督が倒れたんでしばらく待ってください』って。興味本位で見にいったら、横たわった監督がいて『ちょっと面白いな』って思いました」という意外なリアクションを明かし、会場に笑いが。

 しかし、ポール監督が三浦の発言に驚いていると、板垣が「めちゃくちゃ心配してましたよ。僕見てました」とフォローし、また笑いが起こっていた。

 三浦は現場での監督の印象について「長編は初って聞いていたんですけど、全然“初感”がなくて。頼りがいがありました。僕同い年なんですけど、やりやすかったですね」と語った。

 またイベントでは、同作のテーマである「究極の映画愛」にちなみ、キャスト陣に自分の「究極の○○愛」を尋ねる一幕も。成海は「俳優のジム・キャリーが大好きで、映画をたくさん見ています。人を釘付けにするところに憧れます」と回答。三浦は「写真ですかね。撮るの好きなので。人の顔が好きなんですが、(板垣を間近で見つめながら)こうやって人の顔見ないじゃないですか。だから写真に撮って顔をガン見するという。変態みたいですね」と告白し、笑いを誘った。

関連記事(外部サイト)